編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

AIをより人間らしく、感情識別など進化--IBMが発表した「Watson」の新たなAPI

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-03-02 06:30

 認知コンピューティングに取り組むIBM Watson部門は米国時間2月23日、ネバダ州のラスベガスで開催した「IBM Interconnect 2016」において、開発者向けのWatson APIを拡充し、「Tone Analyzer」と「Emotion Analysis」「Visual Recognition」という3つのAPIを追加したと発表した。

 さらに、同部門はテキスト読み上げ機能である「Text to Speech」(TTS)をアップデートし、「Expressive TTS」と再ブランド化したことも発表した。

 感情分析や画像分析は認知コンピューティングの基礎となりつつある。これらのAPIは、そういった能力を活用しようと考えている開発者に向けたものだ。

 IBM Watson部門のゼネラルマネージャーDavid Kenny氏はプレスリリースのなかで、今回のWatsonのアップデートは「コミュニティーによる、人工知能(AI)を搭載した動的なアプリやサービスの開発」を支援するものだと述べている。

 現代のビジネスでは、その多くがテキストベースのコミュニケーションに大きく依存しており、テキストからにじみ出る微妙なニュアンスが、そのテキストを読む相手の受け止め方に影響を与え、ひいてはビジネスに影響を与える可能性もある。今回ベータ版として新たに提供されたTone Analyzerによってユーザーは、自らの記述したテキストに存在する感情的表現や社会的傾向、文章スタイルを洗い出し、より良い洞察を得られるようになる。

 Tone Analyzerはテキスト全体を読み込み、喜びや嫌悪、恐れ、悲しみといった感情を識別する。また、テキストの書き手が率直なのか、人当たりが良いのか、自らの書きっぷりに自信を持っているかどうかも判断できる。その後、階層化されたJSONデータを出力する。このツールはスピーチの原稿や、電子メールの送信前確認、営業プレゼンテーションに先がけたチェックの支援に活用できるはずだ。

IBMが発表した「Watson」の新たなAPI
提供:IBM

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]