編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
IoTセキュリティの設計図

IoTデバイスのセキュリティ--開発から製造までの留意点

相原敬雄

2016-03-04 07:00

 IoTセキュリティに関する第2回では、IoTデバイスの開発、設計から量産などの製造および作業プロセスのセキュリティについて述べる。

 前回は、IoTを展開し成功へと導くには、エコシステム内の個々の脆弱ポイントのセキュリティを確保するための十分なプランと設計が必要であることを述べた。コネクテッドデバイスや収集するデータの種類と範囲の広さは、まさに想像を超えている。

 この状況をさらに複雑にしているのが、いまやこれらのデバイスとデータがオンプレミス、仮想サーバ、クラウドなどあらゆる場所に存在しているという状況だ。また、新しい通信技術の利用によって、機密データが従来のオフィスや自宅の壁を越えて広がるようになってきている。

 サイバー犯罪者にとって、すでに製造業界は格好の標的であり、2015年にVerizonが実施したデータへの不正アクセスに関する調査レポートでは、最も狙われる可能性が高い業界の第3位となっている。

 製造業界がサイバー攻撃の新たなターゲットとなったわけではなく、これまでとはタイプが異なる攻撃にさらされているのだ。他国の資産に関する機密情報を狙っている国家レベルのスパイから、知的財産を盗み出して転売したり恐喝のネタにしたりしようとしている組織犯罪、また脆弱性を指摘するためのハッカーによる不正アクセスまで、製造業界はますます高度化していくサイバー攻撃に狙われるだろう。

 今日メーカーは、部品の調達や組み立て、流通、保守管理の過程で、幅広く分散している外注先やパートナーと密接に連携している。現代のエコシステムでは、原材料だけではなく知的財産やソースコード、バイナリコード、特許、製品デザイン、市場調査、顧客情報、事業計画、他の資源といった膨大な量の機密情報もタイムリーに提供することが求められる。

 このような分散型のサプライチェーンモデルには、高い俊敏性と利益の向上といったメリットがある一方で、エコシステム全体をターゲットとする広範で潜在的な脆弱性も生み出した。

 これまで、一般的に脅威は脆弱性を突くことであったが、これからは知的財産を狙ったり妨害行為や事業の損失といった目的を持って行われたりする高度な攻撃によって、より影響力が強い破壊的な脅威へと変わっていくであろう。2014年にKaspersky Labが実施した調査によると 、2013年はメーカーの5社に1社が不正アクセスによって知的財産を失っているということが分かっている。

 メーカーがグローバルで競争力を保ち続けることができる製造のアウトソーシングモデルは、今後も引き続き残るだろう。多くのメーカーの最大の過ち、それはセキュリティを後付け的な対象として捉えていることだ。

 また、かなり昔に設置された製造プロセスが非常に多く存在し、これらのプロセスのレガシーシステムは適切なセキュリティ対策がない状態で外部のゲートウェイとやり取りをしている。このように不正アクセスが進化し、さらにオンライン環境にあるデバイスの数がますます増加している現在、セキュリティ対策は全体的に多層型のアプローチで考えるべきであり、事後対応的の対応では間に合わない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]