編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

HadoopベンダーのHortonworks、アップデートの仕組みを変更--HPEと「Spark」で協力も

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2016-03-02 16:35

 Hortonworksは米国時間3月1日、同社のエンタープライズ向け「Hadoop」の配布方法を変更することを発表した。Hewlett Packard Enterprise(HPE)と協力関係を結ぶことも同時に発表している。

 具体的には、「HDFS」「MapReduce」「Yarn」「Apache Zookeeper」などをはじめとするApache Hadoopのコアコンポーネントは、1年ごとにアップデートされることになるという。「Spark」「Hive」「HBase」「Ambari」などのコアHadoop上で動作するサービスは、グループ化された上で、年間を通じてアップデートされる。

 同社はまた、「Hortonworks Data Platform」と「Hortonworks DataFlow」の新バージョンをリリースした。Hortonworks Data Platform 2.4には、最新版であるApache Spark 1.6やHortonworks DataFlow 1.2を含むさまざまなアップデートが含まれている。Hortonworks DataFlow 1.2には、「Apache Kafka」や「Apache Storm」をはじめとするストリーミングアナリティクスツールが追加された。

 Hortonworksの取り組みは、エンタープライズ向けHadoop市場が成熟してきていることを示している。Red Hatと同様に、Hortonworksもコアの安定性を維持しつつ、重要なイノベーションを取り込む方向に向かっている。

 同社はまた、今回発表したHPEとの協力関係について、その目的はオープンソースクラスタコンピューティングのフレームワークである「Spark」のエンタープライズ環境におけるパフォーマンスを最適化することだと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]