HPE、モバイル向けセキュリティプラットフォーム「SecureData Mobile」を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年03月03日 10時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)はデータ中心のセキュリティプラットフォーム「SecureData」のモバイル版となる「SecureData Mobile」を発表した。

 HPEによると、SecureData Mobileを利用してモバイルアプリケーションにデータセキュリティを組み込むことができると同時に、TLS、VPN、ストレージ暗号化などの標準的な方法を上回る保護が可能になると説明している。

 プラットフォームは標準技術に基づいた暗号化技術で既存のアプリケーションに最小限の修正を加える「HPE Format-Preserving Encryption」を活用したもので、モバイルアプリやモバイル購入のデータを保護できるという。

 SecureDataでのHPEの狙いは単純だ。モバイルアプリケーションに重要なユーザーデータが入る傾向が強まっており、アプリケーションの弱点を突いたデータ盗難の格好のターゲットとなりつつある。

 「攻撃者はモバイルへの関心を高めており、開発者が最初からアプリケーションにセキュリティを組み入れることが重要になっている。企業はデータの安全性に対して先んじたアプローチをとり、個人データと企業データの両方をより強固に保護する必要がある」とHPE Security Fortify担当バイスプレジデントのJason Schmitt氏は説明している。

 HPEが作成した最新のモバイルアプリのセキュリティに関する報告書によると、実際にアプリケーションの機能に必要ではないユーザーのデータを収集しているモバイルアプリケーションは多いという。たとえばiOSゲームアプリの40%以上、天気アプリの50%以上がカレンダーデータにアクセスするという。HPEが調べたアプリのおよそ95%が許可されていないサードパーティーにデータを公開する可能性があるロギング手法を含んでいたという。

 HPEはまた、「Threat Defense Services」ポートフォリオの一部となる最新のCyber Reference Architecture(CRA)を発表した。最新のフレームワークは基本的に、企業が重要な事業資産やユーザーとの間のやりとり、さまざまな端末上のアプリケーションとデータを保護する方法を示すガイドとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算