編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

HPE、モバイル向けセキュリティプラットフォーム「SecureData Mobile」を発表

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-03 10:45

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)はデータ中心のセキュリティプラットフォーム「SecureData」のモバイル版となる「SecureData Mobile」を発表した。

 HPEによると、SecureData Mobileを利用してモバイルアプリケーションにデータセキュリティを組み込むことができると同時に、TLS、VPN、ストレージ暗号化などの標準的な方法を上回る保護が可能になると説明している。

 プラットフォームは標準技術に基づいた暗号化技術で既存のアプリケーションに最小限の修正を加える「HPE Format-Preserving Encryption」を活用したもので、モバイルアプリやモバイル購入のデータを保護できるという。

 SecureDataでのHPEの狙いは単純だ。モバイルアプリケーションに重要なユーザーデータが入る傾向が強まっており、アプリケーションの弱点を突いたデータ盗難の格好のターゲットとなりつつある。

 「攻撃者はモバイルへの関心を高めており、開発者が最初からアプリケーションにセキュリティを組み入れることが重要になっている。企業はデータの安全性に対して先んじたアプローチをとり、個人データと企業データの両方をより強固に保護する必要がある」とHPE Security Fortify担当バイスプレジデントのJason Schmitt氏は説明している。

 HPEが作成した最新のモバイルアプリのセキュリティに関する報告書によると、実際にアプリケーションの機能に必要ではないユーザーのデータを収集しているモバイルアプリケーションは多いという。たとえばiOSゲームアプリの40%以上、天気アプリの50%以上がカレンダーデータにアクセスするという。HPEが調べたアプリのおよそ95%が許可されていないサードパーティーにデータを公開する可能性があるロギング手法を含んでいたという。

 HPEはまた、「Threat Defense Services」ポートフォリオの一部となる最新のCyber Reference Architecture(CRA)を発表した。最新のフレームワークは基本的に、企業が重要な事業資産やユーザーとの間のやりとり、さまざまな端末上のアプリケーションとデータを保護する方法を示すガイドとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]