編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

パブリッククラウド接続用途のWANサービスが65%増の急成長--IDC調査

藤本和彦 (編集部)

2016-03-03 16:55

 IDC Japanは3月3日、通信事業者が法人向けに提供する広域ネットワーク(WAN)サービスの国内市場予測と市場シェアを発表した。

 パブリッククラウドをはじめ、データセンターからエンドユーザーにITインフラやコンテンツを提供するクラウドサービスの利用が拡大している。それに伴い、ユーザー企業によるWAN回線の利用やクラウドサービス事業者によるデータセンター間接続回線の利用が増えている。

 このような動きから、同社は今回初めて、パブリッククラウド用途と事業者データセンター間接続用途のWANサービス市場規模を予測した。

 パブリッククラウド用途のWANサービス市場は、2015年の市場規模が前年比65%増の58億円で急速に成長。国内事業者のデータセンター間接続用とのWANサービス市場規模は、2015年の市場規模が前年比15.5%増の98億円で順調に成長していると分析する。国内WANサービス市場全体の2015年の市場規模が7031億円で前年比マイナス0.1%であることを考えると、小規模ながらも急成長している領域と言えるという。

 イーサネット専用線市場では、NTTコミュニケーションズやKDDIといった大手通信事業者のほかに、Coltテクノロジーサービス(売上額シェア12.1%)、アルテリア・ネットワークス(10.8%)、TOKAIコミュニケーションズ(5.4%)といった中堅通信事業者が健闘している。

国内イーサネット専用線サービス市場 事業者別 売上額シェア:2015年
国内イーサネット専用線サービス市場 事業者別 売上額シェア:2015年(IDC Japan提供)

 IDCはその背景について、中堅事業者がサービス事業者向けに広帯域回線を積極的に提供してきたためと説明する。パブリッククラウド接続でも早い時期からリーズナブルな価格で回線を提供し、市場の認知を得ているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]