編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サムスン、15.36テラバイトのエンタープライズ向けSSDを発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2016-03-04 11:47

 エンタープライズ向けサーバ用に超大容量で超高速のソリッドステートドライブ(SSD)が欲しい?それならサムスンが提供している。同社の新しい「PM1633a SSD」は、驚くべきことに15.36テラバイトのデータを保存できる。

 容量はそれで十分だが、PM1633a SSDは、12Gbpsの「Serial Attached SCSI」(SAS)インターフェースにより、ビッグデータのプロジェクトが必要とする速度も実現する。さらにありがたいことに、ストレージ容量だけでなく物理的スペースを最大化する必要があるなら、PM1633a SSDは2.5インチのフォームファクタだ。

 サムスンはどうやって単一のSSDで15テラバイト以上を実現したのだろうか?同社は、256GビットのV-NANDメモリチップを512枚組み合わせている。256Gビットダイを16層重ねて単一の512Gバイトパッケージを形成しており、15.36テラバイトのドライブには計32基のNANDフラッシュパッケージが搭載されている。

 サムスンは、第3世代の256GビットV-NANDテクノロジ48層セルアレイを重ねている。つまり、PM1633aラインナップは、前バージョンの「PM1633」と比べて性能と信頼性が大幅に向上していることになる。

 では、PM1633aはどれほど高速なのだろう?サムスンによると、以下の通りだ。「PM1633a SSDは、ランダム読み込みが最大20万IOPS、ランダム書き込みが最大3万2000IOPSで、シーケンシャル読み込み/書き込み速度は、最大で毎秒1200Mバイトを実現した。ランダム読み込みのIOPS値は、SASタイプのハードディスクの約1000倍で、シーケンシャル読み込み/書き込み速度は、標準的なSATA SSDの2倍を超える。新しいSSDの内部には、12GbpsのSASインターフェースをサポートするサムスンの高性能コントローラユニットと計16GバイトのDRAMを内蔵している。大量の高密度NANDフラッシュメモリに同時アクセスできる特別設計のファームウェアも採用した」

 サムスンは、PM1633a SSDラインナップでさまざまな容量オプションを提供し、2016年中に7.68テラバイト、3.84テラバイト、1.92テラバイト、960Gバイト、480Gバイトのモデルを出荷する予定だ。

サムスンのPM1633a SSDは、見かけは普通だが、容量は15.36テラバイトだ。
サムスンのPM1633a SSDは、見かけは普通だが、容量は15.36テラバイトだ。
提供:Samsung

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]