編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

日立ソリュ、「OpenDaylight」採用の物理・仮想NW統合管理システムを発売

NO BUDGET

2015-03-06 12:00

 日立ソリューションズは3月3日、オープンソースソフトウエア(OSS)のSDNコントローラー「OpenDaylight」を採用し、物理・仮想のネットワーク環境を統合管理するシステム「SDNネットワーク運用効率化ソリューション」を3月4日から販売開始すると発表した。提供価格は200万円(税別)から。同社は今後、IoT分野における高度ICT基盤を拡充し、2020年までに関連ソリューションを含め、年間100億円の売上を目指す。

 同システムでは、OpenDaylightに独自のインターフェイスを拡張することで、SDNの技術に非対応の機器も含めて、マルチベンダーで構成される機器やソフトウェアの集中制御を短期間で実現する。

 また、日立の統合システム運用管理「JP1」など運用管理ソフトウェアと連携し、操作性の高い管理者用ポータル画面を提供することで、既存のネットワークとSDNとの統合管理を実現。これらにより、通信キャリア、クラウド事業者などは、容易にSDN環境へ移行可能となり、柔軟で拡張性の高いネットワーク構成や運用環境によって、ネットワークの運用コストの削減を実現できるという。


(日立ソリューションズ提供)

 同システムの主な特徴は以下の通り。

独自インターフェイスを提供し、短期間で既存の機器やソフトウェアの集中制御を実現

 OpenDaylightに独自のインターフェイスを拡張し、SDNの技術に対応していない機器も含め、既存の機器やソフトウェアの集中制御を短期間に実現。

 日立ソリューションズでは、OpenDaylightの開発基盤「OSGiフレームワーク」を活用した独自の製品開発実績を有しており、複雑なカスタマイズに対応することができるとしている。

JP1などと連携し、既存ネットワークとSDNとの統合管理を実現

 JP1などの運用管理ソフトウェアと連携し、既存のネットワーク構成や運用管理方法を変えることなくSDNを実現。また、必要に応じて、操作性の高い管理者用ポータルを提供する。

 さらに今後は、日立ソリューションズの幅広いセキュリティ製品と組み合わせ、ネットワークの監視から異常検知、通信遮断や迂回経路の確保までの運用の自動化にも、対応していく。

ユーザー環境に合わせ、導入から移行、保守までワンストップのサービスを提供

 日立ソリューションズのネットワーク専門の技術者が、現在の運用方法やシステム環境に合わせてコンサルテーションを実施。また、日立グループはOpenDaylightのコミュニティに参加しており、日立ソリューションズはその技術動向をいち早く把握することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]