「Windows 10」、プレビュー版「Build 14279」がリリース--「Cortana」対応言語追加など

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-07 10:28

 Microsoftは米国時間3月4日、最新の「Windows 10」テストビルド「Build 14279」 を「Windows Insider」プログラムの「Fast Ring」テスター向けにリリースした。Build 14279にはいくつかの新機能が含まれている。

 Cortanaの言語サポートが拡大され、スペイン語(メキシコ)とポルトガル語(ブラジル)、フランス語(カナダ)が追加された。さらに、書籍の名前や、具体的な期限のないTo-Doアイテム(例えば、「洗車するのを忘れないようにリマインダーで知らせてほしい」)などの新しいリマインダー情報をCortanaに保存することも可能になった。

 4日にリリースされたBuild 14279(大規模アップデート「Redstone」のテストビルド)は、統合されたログオン体験も提供する。具体的には、ロック画面の背景とログオン画面の背景が1つの背景に統合された。カスタマイズしたロック画面背景を使っている場合は、そのロック画面がロック画面とログオン画面の両方に使用される。

 Build 14279には、すべてのInsiderビルドと同様、フィックスと既知の問題が含まれている。それらのフィックスには、ローミングプロファイルを使用すると「Edge」ブラウザとCortanaがクラッシュしてしまう問題を解決するものも含まれる。Cortanaでは、完了済みのリマインダーが表示されなくなった。4日のブログによると、Microsoftは、「Windows Update」で提供される特定のドライバが一部のPCでブルースクリーンを発生させる問題も修正したという。

 既知の問題については、Microsoftは、筆者も複数のユーザー報告を耳にしている問題を調査中だ。具体的には、「Surface Pro 3」や「Surface Pro 4」「Surface Book」がフリーズまたはハングして、キーボードやタッチ操作による入力を受け付けなくなる問題だ。現在のところ、この問題に対処するには、電源ボタンを長押しして、ハードリブートを実行するしかない。

 「Kaspersky Anti-Virus」や「Kaspersky Internet Security」「Kaspersky Total Security Suite」をインストールした環境でも問題が発生する可能性があり、MicrosoftとKasperskyは現在、修正に取り組んでいる。

 Microsoftは先週、ビルド14279の公開前に、PCユーザーと「Windows 10 Mobile Insider」テスター、「Windows 10 IoT」テスター向けに複数の「Windows 10」アップデートをリリースしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]