編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

シスコ、ネットワーク機器の深刻な脆弱性に対処するパッチを公開

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-07 10:30

 Cisco Systemsは米国時間3月2日、同社のネットワーク機器にデフォルトのパスワードでアクセスできるという深刻な脆弱性の存在をセキュリティアドバイザリにおいて公表するとともに、その問題に対処するパッチを公開した。

 この脆弱性は「Cisco Nexus 3000」シリーズスイッチと「Cisco Nexus 3500」プラットフォームスイッチに存在している。アドバイザリによると、ルート権限でbashシェルにアクセスできるユーザーアカウントがインストール時に作成されるものの、デフォルトで設定されるパスワードは固定値となっており、機器の機能に影響を与えることなく変更できない問題を抱えているという。

 この「深刻な脆弱性」により、攻撃者はデフォルトのアカウントと固定のパスワードを用いることでローカル環境から、あるいはTelnetやSSHを用いてルート権限で機器にログインできるようになるという。

 このデフォルトアカウントでログインすると、攻撃者は管理者権限を入手し、機器を完全に制御できるようになる。

 同社はデフォルトアカウントと固定のパスワードを削除するソフトウェアパッチを公開した。対象となるのはCisco Nexus 3000シリーズスイッチ上で、NX-OSソフトウェアのリリース6.0(2)U6(1)や6.0(2)U6(2)、6.0(2)U6(3)、6.0(2)U6(4)、6.0(2)U6(5)が稼働する製品と、Cisco Nexus 3500プラットフォームスイッチ上で、NX-OSソフトウェアのリリース6.0(2)A6(1)、6.0(2)A6(2)、6.0(2)A6(3)、6.0(2)A6(4)、6.0(2)A6(5)、6.0(2)A7(1)が稼働する製品となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]