編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

クラウド会計のfreee、Zuoraのサブスクリプション導入支援SaaSを採用

ZDNet Japan Staff

2016-03-08 11:06

 「クラウド会計ソフトfreee」や「給与計算ソフトfreee」「マイナンバー管理freee」などを提供するfreeeは3月8日、Zuoraの「リレーションシップ・ビジネス・マネージメント(RBM)」を採用したことを発表した。

 RBMは、サブスクリプション型ビジネスの導入に必要な機能をSaaSで提供するもの。従量課金やフリートライアルの導入、契約途中でのアップグレード・ダウングレードに対応するためには、その都度、見積もり、契約管理、請求・回収、売上管理のシステムの変更が発生するが、RBMではこれらのシステムの変更をリアルタイムで実現できる。請求・回収、売上計上の自動化に加え、見積もりや契約管理などのバックオフィス業務の効率化も実現する。さらに、分析、レポーティング機能も備え、アップセル・クロスセルの強化も可能。

 Freeeは、RBMの導入により新サービスの市場投入の際に必要だった自社システムの改修をなくすことで、新サービスの市場導入期間を従来と比べて40%短縮した。顧客のニーズに合わせた新規料金プランの展開が容易になり、既存顧客に対して価値の高いサービスの継続的な提供が可能になることで、長期にわたる顧客とのリレーションシップ構築につながるとする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]