編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
日本株展望

マイナス金利が金融業に与える影響

ZDNet Japan Staff

2016-03-08 11:27

 3月7日の日経平均は、103円安の1万6911円だった。先週末に1万7000円台を回復したことから、7日は利益確定売りが出た。

 今回は、日銀が1月29日に導入を発表したマイナス金利が、金融業の株価にどのような影響を与えているか、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

マイナス金利導入で、10年国債の利回りもマイナスに

2年・5年・10年もの国債利回りの推移:2016年1月4日~3月4日

マイナス金利

 日銀は、現在、1年間に80兆円の国債を金融機関から買い取る「量的緩和」を実行中だ。日銀は、金融機関から国債を買い取った代金を、その金融機関が日銀に保有する当座預金口座に入金する。銀行が貸し出しを増やしやすいように、資金を渡しているわけだ。

 ところが、その買い取り代金は、ほとんどそのまま日銀の当座預金に預けられたままだ。有望な貸し出し先のない金融機関は、国債を売却した代金を日銀に預けたままだった。これまでは、日銀が年率0.1%の利息を支払ってくれていたので、金融機関は預けっぱなしで問題ないと判断していた。

 今回、民間金融機関が、日銀に新規に当座預金に預ける資金には、マイナス0.1%のマイナス金利が適用されることになった。これまでは、日銀に資金を預けることで、金利をもらっていたのに、これからは金利を取られることになったのだ。

 民間金融機関は、これまでのようにプラスの利回りが出る国債を日銀に売り渡さなくなった。日銀は、利回りがマイナスになるまで買い取り価格を上げないと国債を売ってもらえなくなった。それで、10年国債までマイナス利回りに入ったのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]