SQL Server 2016のセキュリティ強化点、クラウドアップデート一挙紹介(後編) - (page 2)

取材・文:阿久津良和 構成:羽野三千世 2016年03月09日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

SQL Server 2016 CTP 3.3

 「SQL Server 2016」は現在、コミュニティーテクノロジプレビュー(CTP)として開発が進んでおり、2月上旬にCTP 3.3をリリースしている。60TBまで利用可能なAzureのStretch Databaseエディション(プレビュー版)を含んでいるほか、メモリ上でのオンライントランザクション処理、Analysis ServicesのDirectQueryモード、Reporting Servicesの新しいウェブポータルの実装といった機能強化が行われた。北川氏によれば、3月中にも次のリビジョンアップが予定されているという。

 注目すべき新機能は、SQL ServerのトランザクションデータをAzure上のSQL Databaseサービスへ動的に拡張する「Stretch Database」だ。データは常時暗号化された状態でやりとりされる。クエリ実行時はデータがクラウドとオンプレミスのどちらにあっても取得できるため、古いデータをアーカイブする際に便利だとする。Stretch Database は2月中旬からパブリックプレビューを開始している。


着々と進むSQL Server 2016の開発。CTP 3.3ではStretch Databaseに対応した

SQL Server Reporting ServicesのHTML5対応

 現行のSQL Serverで、管理環境に関するレポートティングのためのグラフィカル&スクリプトツールとして提供されているSQL Server Reporting Services(SSRS)は、HTML5に対応していない古い設計だったので、SQL Services 2016に合わせて刷新する。印刷時にActiveXコントロールを要していた部分を改善し、HTML5ベースにすることでMicrosoft Edgeなど各種モダンブラウザへも対応した。


ようやくHTML5対応や印刷時のActiveXコントロールを不要にしたSSRS

Azure SQL Database Index Advisor

 Azure SQL Database Index Advisorは、データベースの使用履歴を分析してインデックスのパフォーマンスを評価する機能だ。SQL Server向けに提供されていたものを、そのままAzure SQL Database向けに2月に一般提供を開始した。「SQL ServerとAzure SQL Databaseの差を埋めるためのもの」(北川氏)という位置づけだ。


Azure SQL Databaseでもインデックスのパフォーマンス評価を可能にした

Azure SQL Database Query Performance Insight

 Azure SQL Database Query Performance Insightは、データベースリソースの消費量や負荷の多いクエリなどの情報をもとにデータベースパフォーマンスのトラブルシューティングを担うサービスである。SQL Server 2016に実装される予定の機能だが、「クラウドファースト」戦略に基づき、先行してAzure SQL Database向けに2月に一般提供を開始した。


データベースパフォーマンスのトラブルシューティングを行うAzure SQL Database Query Performance Insight

Azure Active Directory Integration

 Azure Active Directory Integrationは、SQL Server 2016およびAzure SQL Databaseへのユーザー認証で、Azure ADを利用可能にするための機能。現在、Azure SQL Database向けに先行してパブリックプレビュー版が提供されている。

 これまではデータベースにアクセスできるユーザーアカウントは個別に管理していたが、Windowsも各SQLもADを使って一括したユーザー管理を実現することで、データベースサーバ全体のユーザーID急増を防ぎ、一括したID管理が可能になる。なお、Microsoftは、「Azure AD Integration with Facebook at Work」に代表されるように、Azure ADを他社サービスで使う仕組みの開発に継続して取り組んでいる。


Azure SQL DatabaseやSQL Server 2016からAzure ADが使用可能になる

Dynamic Data Masking

 例えばAzure SQL Database上のデータに住所などの個人情報を格納している場合、セキュリティの観点から見れば閲覧できるユーザーは限定するのが好ましい。だが、開発の作業において、テーブルに格納された文字列のデータ型にアクセスしたいというニーズがある。そこで閲覧権限のないユーザーに対しては、データを隠してポリシーに応じたマスクデータを返す仕組みがDynamic Data Maskingだ。Azure SQL DatabaseとSQL Server 2016向けに提供する。


センシティブなデータをあらかじめ隠すDynamic Data Masking機能

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]