より賢く活用するためのOSS最新動向

OSSで商売をする4つのビジネスモデル

吉田行男 2016年03月09日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。前回は、OSSの開発主体が企業に移ったということをご紹介しました。それでは次に、なぜ企業がOSSを開発するのかということをご紹介したいのですが、その理解を深めるために、今回は「OSSのビジネスモデル」について、考えてみたいと思います。

 OSSのビジネスモデルについては、いろいろ議論もあるところですが、ここでは下記の4つに分類したいと思います。

  1. ディストリビューションモデル
  2. システムインテグレーションモデル
  3. サービスモデル
  4. その他

1.ディストリビューションモデル

 「ディストリビューションモデル」は、自社またはコミュニティにて開発されたソフトウェアの配布とサポートを行うモデルです。


 このモデルを採用している代表的な企業はRed Hat社でしょう。同社は、コミュニティで開発されたLinuxカーネルおよび周辺のソフトウェアをパッケージングした「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」という製品を提供していますが、カーネルのどのバージョンを使用するか、その周辺ソフトウェアを使用するか、そして、それらが稼働するかの検証をしているのは同社です。従って、RHELというパッケージはRed Hat社の製品ではありますが、その製品に含まれているソフトウェアはすべてオープンソースなので、個々のソフトウェアはRed Hat社の製品ではありません。ユーザーは同社からこのRHELのサブスクリプションを購入することで、カーネルをはじめ、RHELに含まれているソフトウェアの保守サポート、バグやセキュリティに関するアップデートなどのサービスを受けることができます。

 もう1つ、少し違った形でこのディストリビューションモデルを提供しているケースをご紹介したいと思います。それはOracleが提供する「MySQL」です。MySQLは、もともとスウェーデンに本社を置くMySQL,AB社によって開発されていましたが、2008年にSun MicroSystemsに買収され、さらにその2年後にSun MicroSystemsがOracleに買収され、現在、商標権と著作権はOracleが所有しています。

 MySQLは1995年に公開され、当初は独自のライセンスを採用していましたが、2000年にGPL V2を採用し、商用ライセンスとのデュアルライセンス方式で提供されるようになりました。このように、MySQLはMySQL,AB社の社員が中心になって開発し、開発したソフトウェアをOSSとして公開する傍ら、商用パッケージで販売するというモデルなのです。

 同様の形態をとっているソフトウェアは他にもいろいろあります。日本でも、SRA OSS社が、「PostgreSQL」を自社パッケージ化して、名称も「PowerGres」に変更して販売しています。また、MIRACLE LINUX社も「Zabbix」を自社パッケージ化して、「Miracle ZBX」に名称変更して販売しています

2.システムインテグレーションモデル

 「システムインテグレーションモデル」は、OSSを活用したシステム構築およびプロフェッショナルサービス(コンサルテーションを含む)を実施するモデルです。

 代表的な例は、NTTデータ、SIOS、SCSK、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)などのシステムインテグレーターです。これは、日本に一番多いパターンだと思います。システムインテグレーターは、システム構築にあたって、顧客の要件に合わせてOSSを選定します。OSSの選定にあたっては、過去に組み合わせた経験のあるものや検証を行ったものなどが基本になりますが、要件によっては、経験のないものが必要になる場合があるので、その場合は「検証する」プロセスが必要になります。また、システムの要件に合わせてハードウェア構成を決め、最適な設定をすることになります。実稼働が始まれば、運用状況を監視し、問題が発生した場合は適切に対応していく必要があります。


 このようにOSSを導入するということは、商用ソフトのように稼働するための前提条件があるわけではありませんから、相応の技術力が要求されます。「OSSは、情報がすべて公開されているのに、どうしてそんな苦労が必要なのか」という意見もあると思いますが、実際はそんなことはないということです。また、OSSに関する情報がすべて公開されているので開発者、ベンダー、ユーザーとの間に情報量の差、いわゆる「情報の非対称性」はないと考えられがちですが、現実はそうではありません。実はそこに大きなビジネスチャンスが隠れているのです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]