編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

300m先のドローンを検知、監視カメラに画像認識--パナソニックの技術応用力 - (page 2)

大河原克行

2016-03-10 08:00

現場のカメラで画像を認識して負荷を軽減

 インテリジェント映像監視技術は、画像認識技術をカメラに搭載することで検知、認識するインテリジェントなカメラへの進化を図るものだ。

 従来のシステムでは、カメラは撮影するだけの機能であり、分析はサーバ側にデータを送信していたが、転送負荷、サーバでの処理負荷が高まり、結果としてシステムのトータルコストを高まるという課題が発生していた。

 パナソニックは、カメラのみで画像認識を処理するため、必要な情報だけをサーバに送信。伝送負荷やサーバの処理負荷を低減。圧縮前の生データを利用することから高い認識性能を実現するといったメリットがある。

 監視カメラは、5年後には3.5倍の出荷台数に拡大。人力で調べる監視システムから必要な情報を自動で検知、解析するシステムが求められている。

 最適な環境で顔を認識する「顔ベストショット」では、大量の画像データを解析し、認識処理や画像圧縮に最適な顔の映像を顔照合アルゴリズムに基づいた独自の処理判定で選定。顔領域に動的に符号を割り当てることで、注目領域の画質を向上させることでベストショットを導き出す。ここで抽出されたベストショットとなる画像のみサーバに送信することから伝送負荷は10分の1にまで削減できるという。

 監視映像から人などの動体を除去して映像を表示する「MOR(Moving Object Remover)」を利用して、監視とプライバシー配慮を両立させられるという。通常の監視映像は事後検証用にレコーダーに記録する。それに対して、MOR映像はリアルタイムモニタリング用にネットを通じて、店舗の本部部門などに配信するといった使い方ができると説明。2つの映像データを蓄積するのが特徴であり、用途に応じて使い分けることができる。

 「MOR映像をマーケティングに活用したという要望があり、来店客のプライバシーに配慮して、人数をカウントしたり、人物の導線や滞在時間を可視化したりできる。来店客を特定せずに、プライバシーを保護しつつ、商品の補充確認などの用途にも利用できる。今後、小売りや物流などの分野での利用が想定される。インテリジェント映像監視技術で監視カメラを人間の脳に近付けるように進化させ、安心安全の社会の実現と新たな映像サービスの実現につなげたい」

MORでの映像。動いている人間は青くマスキングされ、顔などは映らない
MORでの映像。動いている人間は青くマスキングされ、顔などは映らない

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]