編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向
「Windows 10」法人導入の手引き

IEとEdge、Windows 10でブラウザを使い分けるための管理手法

胡口敬郎

2016-03-14 07:30

 Windows 10の特徴の1つに、これまでのWindows OSと違いウェブブラウザが2つ搭載されていることが挙げられる。1つはおなじみの「Internet Explorer 11」、そしてもう1つは新たなウェブブラウザ「Microsoft Edge」だ。

 連載6回目となる今回は、Microsoft EdgeとInternet Explorer 11、2つのウェブブラウザを企業で展開するための運用管理の手法について紹介する。

新しいウェブブラウザ「Microsoft Edge」とは?

 Microsoft Edge(Edge)はWindows 10に標準搭載される新しいウェブブラウザだ。従来のInternet Explorer(IE)と比較すると、以下の2点によりフォーカスした仕様になっている。

  • ウェブ標準への準拠と他のブラウザとの相互運用性
  • 新しい機能の迅速な実装

 昨今、W3C勧告などHTMLやCSSといったウェブ関連の技術仕様が標準化されてきており、ウェブブラウザはそれに準拠していく必要性が高まっている。Edgeは、従来のIEが提供していたActiveXなどIE依存の機能を排除し、ウェブ標準対応を最優先にしたウェブブラウザといえる。

windows10

 ウェブ標準への準拠は常にアップデートされており、こちらのサイトで随時対応状況を確認できるようになっている。

Edgeのウェブ標準への対応状況に関する情報サイト
Edgeのウェブ標準への対応状況に関する情報サイト

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]