編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

「デタッチャブルタブレット」が好調--IDC

NO BUDGET

2016-03-16 16:37

 IDC Japanは3月15日、国内タブレット端末の2015年第4四半期(10月~12月)と2015年通年(1月~12月)の出荷台数を発表した。2015年通年のタブレット端末出荷台数は前年比1.5%増の831万台となっ た。

 セグメント別に見ると、家庭市場向けは前年比2.1%増の589万台、ビジネス市場向けは同0.2%増の241万台だった(端数処理の影響により合計値の末尾が一致しない場合がある)。市場の中心である家庭市場向けタブレットは需要を喚起しにくい状況にあり、またスマートフォンとの競合によって需要が減速し、タブレット市場全体が停滞したとしている。


(IDC提供)

 2015年第4四半期を見ると、タブレット端末出荷台数は前年同期比14.3%減の222万台で、家庭市場向けは同0.5%減の173万台、ビジネス市場向けは42.3%減の49万台となった。IDCでは、ビジネス市場向けの大きなマイナス成長の主要因として、2014年第4四半期にあった教育市場向けの大型案件が2015年になく、その反動が現れたことを挙げている。

 タブレット市場を「デタッチャブルタブレット」(ハードウェアキーボードが脱着できるデタッチャブル型タブレット)と「タブレットスレート」(通常のスレート型タブレット)に分けて見ると、2015年の出荷台数はデタッチャブルタブレット121万台、タブレットスレート709万台と、タブレットスレートが約85%を占めている。

 しかしながら、その前年比成長率では、タブレットスレートの5.5%減に対して、デタッチャブルタブレットは80.0%増と大きく伸ばした。これには、高性能タブレットとキーボードを組み合わせることで、PCの置き換えやアドオンデバイスとして導入されている背景があると同社はみている。

 2015年のタブレット端末出荷台数の上位5社は、Apple、Huawei、ASUS、NEC Lenovoグループ、富士通となった。Appleは出荷台数を前年比4.5%減としたものの、40.9%の高いシェアを維持している。また、同年第4四半期の上位5社は、Apple、Huawei、NEC Lenovoグループ、京セラ、ASUSとなった。

 同社PC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの浅野浩寿氏は、今後の見通しに関しては以下のようにコメントしている。

 「デタッチャブルタブレットは、その軽量さとスマートフォンのように画面タッチによる操作ができること、またハードウェアキーボードを搭載できることから、家庭市場を中心にPCの置き換えやアドオンが期待でき、2016年以降、出荷が増加することが予測される。PCベンダーから見た場合は、PCの減少を補うことができ、またユーザーから見た場合は、ポータブルPCよりも安価でPCと同等のパフォーマンスを得ることができる」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]