編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース、Service Cloudの最新製品「Field Service Lightning」を一般提供

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-16 11:09

 CRM大手のSalesforce.comが、秋に改良した「Service Cloud」にフィールドサービス製品「Field Service Lightning」を加えた。

 Field Service Lightningは、ClickSoftwareからライセンスされた機能に、土台であるService Cloudの分析と生産性ツールを組み合わせたプラットフォームとなる。

 遠隔にいるモバイルユーザーがカスタマーサービスの電話にインテリジェントに応答したり、IoTに利用したりできるもので、顧客、デバイス、エージェント、手配担当、従業員を中央のプラットフォームで結びつけることにより、電話と現場をつなぐことを目指す。

 ClickSoftwareにより、スキル、空いている時間、場所に基づいてスケジュールを自動化し、オンサイトの顧客サービスのやりとりを最適化する。複雑なサービス案件は上級レベルのフィールドスタッフに、ルーティーンのサービス案件は経験の浅いスタッフに自動的に回すといったルールを設定することもできる。

 フィールドスタッフはデバイスに関係なくアプリから作業の順番をアップデートしたり、変更要求を出したり、ジョブの状況を調整することができる。Salesforceによるとプロセス全体が効率性と透明性を高めるものになっているという。

 Lightningという点でみると、Field Service LightningはコネクテッドアプリとIoTへの参入の一環となる(SalesforceはIoT:Internet of Thingsではなく、”Internet of Customers”という言葉を好んで使っているが)。2015年後半、同社はService CloudにLightningの開発者にフォーカスしたユーザー体験の要素を加えていた。

 Field Service Lightningは米国時間3月15日より一般提供(GA)となった。Enterprise EditionまたはUnlimited Edition Service Cloudライセンスを1以上もつ企業の場合、価格は135ドルからとなっている。

Field Service Lightning
Field Service Lightning

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]