編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

オラクルの第3四半期決算--クラウドが好調も全社売上は予想に届かず

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-16 10:45

 Oracleは米国時間3月15日、2016会計年度第3四半期決算(2月29日締め)を発表した。利益は予想を上回ったものの、売上高は予想に届かなかった。

 第3四半期の非GAAPベースの売上高は90億ドル、利益は1株あたり64セントだった。また、純利益は21億4000万ドル(1株あたり50セント)だった。

 アナリストらは第3四半期の売上高を91億2000万ドル、1株あたりの利益を62セントと予想していた。同社の売上高は5四半期連続で見通しを下回っている。

 一方、クラウド分野は力強い成長を見せている。同社によると、クラウド関連のSaaSおよびPaaSの売上高は前年同期比57%増の5億8300万ドルだった。ただしIaaSの売上高は前年同期比2%減となった。

 とは言うものの売上高は、全体で見ると前年同期比3%減であり、オンプレミスのソフトウェアは4%減、ハードウェアは13%減となった。

 同社はその主な要因としてドル高を挙げるとともに、株式買い戻しプログラムに100億ドルを追加することも発表した。同社の幹部らは、クラウド事業を前面に押し出して語っていた。

 最高経営責任者(CEO)のSafra Catz氏は次のように述べている。

 このように(クラウド関連のSaaSおよびPaaSの)売上高が大幅に伸びたことにより、SaaSやPaaSの非GAAPベースでの粗利益率が第2四半期の43%から第3四半期は51%に伸びた。当社のクラウド事業は急速な勢いで成長するフェーズに突入した。

 同じくCEOのMark Hurd氏は以下のように付け加えた。

 第3四半期だけで250の顧客が「Fusion SaaS HCM」と「Fusion ERP」を利用開始した。現在、SaaSを利用する顧客は1万1000を超え、Fusion ERPの利用顧客は2000近くに及んでいる。

 最高技術責任者(CTO)のLarry Ellison氏は、製品を幅広く扱うおかげでSalesforceを追い越せるだろうと述べている。

 (クラウド製品を幅広く取り揃えているため)われわれはSalesforceを簡単に追い越し、世界最大のSaaS/PaaSクラウド企業になれるはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]