編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

米政府、オープンソースプログラミングを促進するポリシー草案を発表

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-17 10:29

 オープンソースが素晴らしいソフトウェアを開発する最良の方法であることを認識しているのは、Microsoftだけではない。米連邦政府が「カスタムソフトウェアコードにアクセスしやすくするため、『Federal Source Code』ポリシーの草案を公開して国民の意見を募る」ことを米政府最高情報責任者(CIO)のTony Scott氏が発表した。

 米政府はオープンソースソフトウェア開発の方法論を信じている。「このポリシーでは、特に連邦政府のために、または連邦政府によって開発される新しいソフトウェアをすべての連邦政府機関で共有および再利用できるようにすることが義務付けられる。さらに、連邦政府の資金で作成された新しいカスタムコードの一部を国民に公開するパイロットプログラムも含まれる」(Scott氏)


米政府のプログラムやウェブサイトは、さらに多くがオープンソースに支えられるようになるだろう。
提供:sjvn

 こうした提案は、決して初めてのことではない。Sun Microsystemsの元最高経営責任者(CEO)で、後にObama政権のテクニカルアドバイザーも務めたScott McNealy氏は2009年、連邦政府はオープンソースソフトウェアの使用を義務付けるべきだと提案した。

 米政府はなぜオープンソースの採用を進めているのだろうか。その理由は、企業がそれを行ってきた理由と同じである。つまり、コスト節約のためだ。

 具体的には、Scott氏は、「われわれは重複的なソフトウェアの購入を避けることで税金を節約し、連邦政府機関の垣根を越えた技術革新と協働を促進することができる」と述べている。

 もう1つの理由は、Eric S. Raymond氏がオープンソースアプローチのバイブルである「伽藍とバザール」で提示したものだ。つまり、多くのプログラマーがあらゆるコードを閲覧して、開発に参加できるようにすることで、そのコードは、少人数のグループの手に委ねる場合よりはるかに速く改善されていく。

 Scott氏は、「われわれは政府内外の優秀な人材の力を借りてコードの検査と改善を行い、セキュアで信頼性が高く、米政府の国家目標実現に貢献するコードの作成を協力して進められるようになる」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]