編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

タブロー、ミュンヘン工科大発のインメモリDBを買収--OLTPとOLAPを同一DBで

山田竜司 (編集部)

2016-03-19 07:00

 Tableau Softwareは3月18日、ミュンヘン工科大学の研究プロジェクトとして開発されたインメモリデータベースシステム「HyPer」を買収したと発表した。

 これに伴いTableauは、コンピューティング技術の研究を深めるように技術者を増員、ミュンヘンにR&Dセンターを開設する予定という。

 HyPerは、パフォーマンスを維持しながらオンライントランザクション処理(OLTP)とオンライン分析処理(OLAP)を同一データベースで処理できるというインメモリデータベース。Tableauと連携することによってトランザクション処理とビジュアル分析が統合され効率的に業務を推進することができるという。

 HyPerの統合によるTableauの新たな機能について「さまざまなデータサイズでの即時のデータ分析」「データ統合、データ変換、データブレンディングの強化」「k平均法や窓関数などの分析」「半構造化データや非構造化データを取り入れたビッグデータサポート強化」などを挙げた。

 HyPerは、2010年ミュンヘン工科大学のデータベースグループを率いるThomas Neumann博士とAlfons Kemper博士によって開始された研究プロジェクトがベースであり、博士課程の学生数人がTableauチームに参加し、製品統合に努めていくとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]