アップル、個人向け健康管理アプリ用フレームワーク「CareKit」を発表

Jake Smith (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2016年03月22日 10時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間3月21日、健康管理アプリ用のフレームワーク「CareKit」を発表した。これは「ResearchKit」とよく似ているが、ResearchKitが医療分野の研究者による患者の医療データ収集のためのフレームワークである一方、CareKitは患者自身の健康状態に焦点を当てている。最初のアプリはパーキンソン病の患者用であり、米国の6つの大規模医療施設で利用できる。

アップルは米国時間3月21日、健康管理アプリ用のフレームワーク「CareKit」を発表した
提供:CNET/CBS Interactive

 パーキンソン病の患者用アプリには、ケアカードや症状の追跡、加速度センサを利用した振戦の検査といった機能が搭載されている。

 Appleの最高執行責任者(COO)Jeff Williams氏は「可能性は無限だと考えている」と語った。

 プライバシーについては、情報の共有相手を選択できると、Appleは述べている。

 CareKitはオープンソースのフレームワークとして4月に公開される。

 同氏はまた、ResearchKitの進捗として、糖尿病における2大類型の細分化や、全米50州を対象とした喘息発作の引き金の洗い出しなどについて述べるとともに、先端医療機関における調査についても言及した。

 Appleは発表イベントのなかで、ResearchKitがもたらした成果をビデオで紹介した。その胸を打つビデオでは、「Apple Watch」のセンサを活用して、てんかん発作の兆候を検知したり、パーキンソン病患者の病状の進行を調査するといった、ResearchKitの具体的な活用例が語られていた。

 Appleは2015年3月に実施したApple Watchの発表イベントのなかで、ResearchKitを披露していた。このフレームワークは医療関係者によるアプリの開発と、患者に関する情報収集を容易かつ一貫性のあるかたちで実現することを目的としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算