アドビ、個人単位のマーケティングを可能にする消費者認識ネットワークを発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2016年03月23日 17時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間3月22日、個人単位のマーケティングを可能にするクロスデバイスの消費者認識ネットワーク「Adobe Marketing Cloud Device Co-op」を発表した。

 このソリューションは、参加企業が匿名データを組み合わせることで、複数のデバイスを利用する顧客に対するターゲティングを効果的に行えるようにすることを目指している。その狙いは、ログインをせずに異なるデバイスから異なるサイトにアクセスしたユーザーを、アルゴリズムを用いて同一の人物であると識別することだ。

 この仕組みを利用すれば、データのプライバシーは守りつつ、消費者は人をベースにした、個人に合わせた適切なマーケティングを受けられるようになる。

 Adobeは次のように説明している。

 Co-op会員企業は、消費者の個人情報を完全に隠すためにAdobeに暗号化およびハッシュ化されたログインIDとHTTPヘッダーデータへアクセスさせます。Adobeは、このデータを処理して、非特定の個人または家族が使用するデバイスのグループ(デバイスクラスタ)を作成します。次に、Adobeがデジタルマーケティングソリューションを通じてそれらのデバイスのグループを明らかにすると、Co-op会員企業はそれらのデバイスを利用している個人を対象に、測定、セグメント化、ターゲティング、広告配信できるようになります。

 プライバシーに関しては、個人情報は開示されず、個人のサイト閲覧情報がCo-op会員企業間で共有されることもない。共有されるのは、デバイス間のリンクの情報だけだ。消費者は、自分にリンクされているデバイスと、参加企業の情報を知ることができ、オプトアウトすることもできる。また、Adobeは会員企業向けのプライバシーツールを作成する予定だという。

 Adobe Marketing Cloudの製品マネージャであるAsa Whillock氏は、Adobeはこの仕組みの世話役の役目を果たし、各会員企業がパズルのピースとなるデータを持つ形になると述べている。「われわれは、ログイン情報やIPアドレスの力を利用して、決定論的リンクに対して確率論的ターゲティングを行う」とWhillock氏は述べている。

 また、Adobe Summit初日の終盤では、動画サービスに関する一連の発表が行われた。同社は複数のプラットフォームをまたいだテレビの視聴状況を計測して、個人に合わせたマーケティングやコンテンツ提供をする取り組みを進めているほか、ケーブルテレビとのパッケージ契約に縛られることなく、複数のデバイスでテレビを視聴できるストリーミングツールを開発している。

 その他、注目すべき情報は以下の通り。

  • 「Adobe Exchange」にアップデートが提供される予定であり、「Microsoft Dynamics CRM」やその他のパートナーとの連携機能が追加される。
  • 同社はcomScoreおよびNielsenと協力して、複数のスクリーンをまたいだ利用状況を追跡する「Adobe Certified Metrics」の提供を開始した。
  • 同社はラボで開発中の新しい機能やサービスに対するプレビューを、Adobe Summitで披露する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算