編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視
日本株展望

3月28日は3月決算の権利付き最終日--反グローバル主義の広がりに警戒

ZDNet Japan Staff

2016-03-28 11:52

 3月22日週の日経平均は、1週間で277円上がって1万7002円となった。米景気が堅調で、6月にも利上げがあるかもしれないとの見方が広がり、為替が1ドル113円台まで円安に戻ったことが好感され、日経平均は小幅に上昇した。

 ただ、世界景気への不安は払拭されていないため、上値は重いままだ。1万7000円を中心として、大きくは上下とも動きにくい展開が続いている。このことについて、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

短期的には反落リスクを意識するのがよいだろう

 日経平均は当面、1万6500~1万7500円の範囲で動くと予想される。ただし、短期的には、どちらかというと、1万6500円に向かって下がるリスクを警戒した方がいいだろう。株は、短期は需給、長期はファンダメンタル(企業業績)で動く。外国人投資家の売り越しが続いていることが、需給面での警戒材料だ。外国人が買い越しに転じれば、短期的な見通しも好転するが、しばらく外国人の売買動向に注意が必要だ。

 東証が発表している2市場1部・2部主体別売買動向によると、年初の週(1月4~8日)から先々週(3月14日~18日)まで、外国人投資家は11週連続で、売り越している。年初からの売り越し額は4.8兆円にのぼる。

日本株の主体別売買動向・売買代金差額(2市場1・2部抜粋)
2016年1月4日~3月18日

(出所:日本取引所グループ資料から作成)
(出所:日本取引所グループ資料から作成)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]