編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Windows 10でUbuntuのBashが動作可能に?

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-03-30 10:25

 MicrosoftのLinuxに対する愛は止まるところを知らないようだ。

 米国時間3月28日の夜にリークされた開発者向けカンファレンスBuild 2016のセッション情報によれば、同社はこのイベントで、「Windows」上で「Ubuntu Linux」のBashを動作させることを発表するとみられる。

 (情報提供について、Twitter上のThe Walking Cat氏とTero Alhonen氏に感謝する)

 Buildの1日目には、Microsoft幹部が「Windowsのコマンドラインの改善」という件を議論する予定であることが分かっている。しかし、このセッションで議論される改善の内容については明らかになっていない(セッション内容の説明はまだ掲載されていない)。

 しかし、今回リークされた情報によれば、この件はUbuntu上で動作するBashと何らかの関連があるとみられる。BashはLinuxのシェルだ。一連のアドオンとプラグインからなるBourneシェルの上位セットで、ユーザーはこのシェルを使ってテキストコマンドを実行することができる(あるいは、スクリプトを使ってコマンドを実行することもできる)。

 Twitter上で言及している人もいるように、「Cygwin」や「MSYS」など、BashをWindows上で利用する方法はすでにいくつかある。しかし、Microsoftはさらに一歩前進しようとしているようだ。

 同社はWindows 10の「Redstone」ビルドで見つかった新しいLinuxサブシステムを使って、Bashをサポートする計画なのかもしれない。このサブシステムは、Windows 10 Mobileに組み込まれていたAndroidサブシステム(AndroidからWindows 10へのブリッジに関する取り組みの中止にともない廃止された)と関係している可能性もある。

 あるいは、Windows 10で計画されているコンテナのサポートと何らかの関連があるのだろうか。筆者は2015年に、Microsoftが「Barcelona」というコードネームでWindows 10でのコンテナのサポートに取り組んでいることについて記事を書いている。情報提供者によれば、Barcelonaが可能にする主な機能の1つは、アプリをWindows 10の他の部分と安全に隔離することだという。

 Windows上で動作するBashに関しては、まださまざまな疑問があるが、Buildが開幕する3月30日からの数日間で明らかになるに違いない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]