編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

富士フイルム、データ分析などで研究開発の新組織--データサイエンティスト集約

NO BUDGET

2016-04-01 16:06

 富士フイルムは4月1日、ビッグデータ分析などの最先端技術やソフトウェアの基盤技術の研究開発を担う新組織「インフォマティクス研究所」を設立した。モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)などに対応した情報基盤技術の強化と応用拡大を図る。

 同社はこれまで、画像解析に機械学習を使った取り組みを進めてきた。写真分野では、独自の画像解析技術「Image Organizer」を開発し、大量の画像から自動的に良い画像を選択し1冊のアルバムに編集できるサービス「Year Album」を提供している。医療分野でも、コンピュータ断層撮影(CT)や磁気共鳴画像(MRI)などの画像から高精度な3D画像を構築する画像解析システム「ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT」を開発し、医療現場から高い評価を得ているという。

 新組織のインフォマティクス研究所は、情報基盤技術の強化と応用拡大を図るため、複数の研究現場に分散しているデータサイエンティストを集約する形で設立される。国内外の大学や研究機関、企業との連携を強化して、ビッグデータ分析などの情報科学技術やソフトウェアの基盤技術の研究開発を進めるほか、将来はデータサイエンティストとして活躍できる人材育成にも取り組んでいくという。

 今後は、同研究所で開発した技術を新規材料や製品、社会に適したサービスの創出に活用していく。精緻な需要予測に基づいた効果的なマーケティングに活用するとともに、事業計画の立案や遂行といった企業活動全般にも応用していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]