編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

トヨタ、マイクロソフトと合弁会社「Toyota Connected」を設立--Azureでビッグデータ活用

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-05 10:40

 トヨタ自動車はMicrosoftと共同で新会社「Toyota Connected」を設立した。Microsoftのクラウドプラットフォーム「Azure」を利用してユーザー体験、製品開発、データサイエンスに注力するという。

 多くの自動車会社がモビリティサービスなどにフォーカスした事業体を立ち上げており、Toyota Connectedの設立はこの動きに沿うものとなる。たとえば3月、FordはFord Smart Mobilityを設立しており、自社製自動車で利用できるサービスを構築するとしている。

 トヨタによると、Toyota Connectedは「さまざまな消費者、法人、政府向けの取り組みをサポート」するという。最高経営責任者(CEO)には、同社の北米子会社Toyota Motor North Americaの最高情報責任者(CIO)であるZack Hicks氏が就任した。

 Toyota ConnectedはMicrosoft Azureをデータサイエンスプラットフォームとして利用し、予測的でコンテキストに即したサービスを開発する。トヨタは目標を「運転体験を温もりのあるものにし、技術をバックグラウンドに隠すこと」と説明している。同社とMicrosoftは、以前からさまざまな面で提携関係にある。

 Microsoftにしてみれば、トヨタとの協力は自動車メーカー向け戦略の重要な部分となる。Microsoftは当初、車載システムのOSを目指していたが、現在ではバックエンドのクラウドプロバイダー、それにビジネスモデル移行の支援者としての役割を推進している。売り上げや利益は後回しで、自動車メーカーにとって中立的な技術プロバイダーとなることでさらなる顧客獲得を目指す。自動車を開発していると憶測のあるGoogle、Appleと差別化する狙いだ。

 Toyota Connectedはテキサス州プレイノに本社を置き、様々な情報を集約するトヨタ・ビッグデータ・センター(TBDC)の運用と、ビッグデータの研究、活用を行っていく。また、車載サービス、テレマティック、IoT関連の取り組み、安全、スマートシティへの統合なども受け持ち、トヨタのエコシステム間でのデータ共有も進めるという。

 トヨタによると、Microsoftの技術者が、データ解析やモバイル技術などの広いエリアでToyota Connectedの業務をサポートしていくという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]