編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

トヨタ、マイクロソフトと合弁会社「Toyota Connected」を設立--Azureでビッグデータ活用

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-05 10:40

 トヨタ自動車はMicrosoftと共同で新会社「Toyota Connected」を設立した。Microsoftのクラウドプラットフォーム「Azure」を利用してユーザー体験、製品開発、データサイエンスに注力するという。

 多くの自動車会社がモビリティサービスなどにフォーカスした事業体を立ち上げており、Toyota Connectedの設立はこの動きに沿うものとなる。たとえば3月、FordはFord Smart Mobilityを設立しており、自社製自動車で利用できるサービスを構築するとしている。

 トヨタによると、Toyota Connectedは「さまざまな消費者、法人、政府向けの取り組みをサポート」するという。最高経営責任者(CEO)には、同社の北米子会社Toyota Motor North Americaの最高情報責任者(CIO)であるZack Hicks氏が就任した。

 Toyota ConnectedはMicrosoft Azureをデータサイエンスプラットフォームとして利用し、予測的でコンテキストに即したサービスを開発する。トヨタは目標を「運転体験を温もりのあるものにし、技術をバックグラウンドに隠すこと」と説明している。同社とMicrosoftは、以前からさまざまな面で提携関係にある。

 Microsoftにしてみれば、トヨタとの協力は自動車メーカー向け戦略の重要な部分となる。Microsoftは当初、車載システムのOSを目指していたが、現在ではバックエンドのクラウドプロバイダー、それにビジネスモデル移行の支援者としての役割を推進している。売り上げや利益は後回しで、自動車メーカーにとって中立的な技術プロバイダーとなることでさらなる顧客獲得を目指す。自動車を開発していると憶測のあるGoogle、Appleと差別化する狙いだ。

 Toyota Connectedはテキサス州プレイノに本社を置き、様々な情報を集約するトヨタ・ビッグデータ・センター(TBDC)の運用と、ビッグデータの研究、活用を行っていく。また、車載サービス、テレマティック、IoT関連の取り組み、安全、スマートシティへの統合なども受け持ち、トヨタのエコシステム間でのデータ共有も進めるという。

 トヨタによると、Microsoftの技術者が、データ解析やモバイル技術などの広いエリアでToyota Connectedの業務をサポートしていくという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]