パブリッククラウドにVMを移動--デル、Azureアプライアンスを国内でも提供

日川佳三

2016-04-05 18:24

 デルは4月5日、オンプレミスに設置するプライベートクラウド用のシステムでありながらパブリッククラウドの「Microsoft Azure」と同等の使い勝手で仮想サーバを調達、活用できる垂直統合システム「Dell Hybrid Cloud System for Microsoft」を国内で提供開始すると発表した。税別価格は仮想サーバ100台規模の最小構成モデルで3200万円。

 Microsoftが策定したクラウド構築用サーバ規格「Cloud Platform System Standard(CPS Standard)」に準拠した製品。最大の特徴は、「Windows Azure Pack」と呼ぶ、Azureと同等の使い勝手で仮想サーバを調達できるソフトウェアを組み込んでいること。Azureと同様のサイズの仮想マシン(VM)のテンプレートも用意した。Azureとの連携も可能で、オンプレミスに設置したCPS StandardとAzureとの間でVMを移動できる。

 Azure Packを利用すれば、自前でシステムを組んでもAzure同等のプライベートクラウドを構築することは可能。これに対して今回デルが提供する製品の価値は、動作を検証済みのシステム構成で、なおかつ構築済みのアプライアンスの状態で提供すること(図1)。デルでエンタープライズ・ソリューション事業本部エンタープライズソリューション&アライアンス部長を務める馬場健太郎氏は、「電源を入れると立ち上がり、すぐにAzureと同じ操作性で使える」とアピールする。

図1:Dell Hybrid Cloud System for Microsoftのシステム構成。Windows Server(Hyper-V)を使った統合システムにWindows Azure Packを組み合わせた
図1:Dell Hybrid Cloud System for Microsoftのシステム構成。Windows Server(Hyper-V)を使った統合システムにWindows Azure Packを組み合わせた

 SIベンダーの日本ビジネスシステムで代表取締役社長を務める牧田幸弘氏は、「Azure Packを導入したAzure互換のプライベートクラウドは、これまでであれば数人のエンジニアが3カ月かかって構築していたもの。これをアプライアンス化したことは画期的」と期待を寄せる。デルでは「設置から3時間でクラウド環境が整う」としている。

1ラックで400VMを収容、OS標準機能の外付けストレージでシンプルに

 システム構成は、Dell製のサーバ、ストレージ、ネットワークスイッチをラックに搭載し、OSとしてWindows Server 2012 R2(サーバ仮想化ソフトはHyper-V)、クラウド運用ソフトとしてAzure Packを導入、設定済みとした。収容できるVMは、最小で100台規模から最大で400台規模。必要に応じてサーバ台数やストレージ容量を増やせる。

 サーバは「Dell PowerEdge C6320」を採用。同機種は、高さ2Uに4台の独立したサーバノードを搭載する。アプライアンスは、システム構成に応じて「Sモデル」(サーバ1台、4ノード、VM100台規模)、「Mモデル」(サーバ2台、8ノード、VM200台規模)、「Lモデル」(サーバ4台、16ノード、VM400台規模)、の3タイプを用意した。

 ストレージは外付け。Windowsが標準で搭載する仮想ストレージ機能「Microsoft Storage Spaces」と、SAS接続型DASストレージを組み合わせた。フロントエンドに仮想ストレージとして「Dell PowerEdge R730」を2台(冗長化)置く。この背後にDASストレージ「Dell PowerVault MD 1400/1420」を置いた。

 仮想ストレージが利用するStorage Spaces機能は、DASが搭載するSSDとHDDを自由に束ねてボリュームを構成し、SSDとHDDを階層型で利用できる。「インテリジェントなストレージを使うのではなく、ストレージの機能をWindows標準機能だけで構成することで、ハードウェアをシンプルにできる。OSだけを管理すればよくなる」(馬場氏)

 Hybrid Cloud System for Microsoftでは、販売方法も選べるようにした。通常の販売に加えて、将来の拡張プランに基付いて支払金額を決定する「Pay As You Grow」と呼ぶやり方で購入できる。仮想サーバの台数が増えることを見越して、1年めにいくら、2年めにいくら、3年めにいくら支払うといった契約を事前に交わす。これにより、トータルでの支払い額を削減できる。

(左から)デル 執行役員 エンタープライズ・ソリューションズ事業本部長 町田栄作氏、日本マイクロソフト 業務執行役員 クラウド&エンタープライズビジネス本部長 佐藤久氏、デル 執行役員 副社長 パートナー事業本部長 松本光吉氏、日本ビジネスシステム 代表取締役社長 牧田幸弘氏
(左から)デル 執行役員 エンタープライズ・ソリューションズ事業本部長 町田栄作氏、日本マイクロソフト 業務執行役員 クラウド&エンタープライズビジネス本部長 佐藤久氏、日本ビジネスシステム 代表取締役社長 牧田幸弘氏、デル 執行役員 副社長 パートナー事業本部長 松本光吉氏

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]