編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

MSはシェア落とすがWindows市場拡大で基盤確保--IDC

NO BUDGET

2016-04-06 16:53

 IDC Japanは4月5日、国内法人向けタブレット市場の2015年の出荷台数実績とOS別市場シェアを発表した。2015年の国内法人向けタブレット市場出荷台数は前年比0.2%増の241万台と、ほぼフラットな状態になったという。

(IDC提供)
(IDC提供)

 タブレットのOS別にみると、法人向けタブレット市場の中でアップルが最も高いシェアを確保し続けており、2015年のOSシェアでも依然としてiOSが中心となっている。しかしながら、iOSの法人市場向けシェアは年々減少しており、2013年で46.5%あったものが、2015年では39.2%と減少した。

 一方、Windowsのシェアは2013年では18.6%だったのに対し2015年では25.1%と増加し、WindowsがiOSのシェアを切り崩していると見ることができる。

 法人向けタブレットは、企業などで電子メールやスケジュール管理などのコミュニケーションやプレゼンテーションのツールとして導入されてきたが、Windowsタブレットでは加えてMicrosoft Officeなどのアプリケーションで作成されたデータの閲覧や簡単な編集などの用途から、出荷が伸びていると考えられるという。

 このWindowsタブレットの中でのメーカー別シェアをみると、中心となるマイクロソフトの2015年の出荷台数は前年比21.3%減となった。Windowsタブレットの中では27.1%のシェアを占めたが、前年比約11ポイント減となっている。

 これは、2015年に各社のキーボード脱着可能なデタッチャブルタブレットの製品ラインアップが拡充し、マイクロソフトよりも安価に市場投入され、市場が拡大するとともに、企業でタブレットの選択の幅が広がったことが大きな要因。マイクロソフトの製品出荷は減少したが、Windowsタブレット市場が拡大したことでWindowsおよびOffice 365などのサブスクリプションライセンスビジネスが拡大され、同社の収入源の基盤ができ始めたと考えられるという。

 同社PC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの浅野浩寿氏は、以下のようにコメントしている。

 「2015年の法人向けタブレット市場は、前年比0.2%増でほぼフラットだった。これは、企業で試験導入は進んでいるものの、本格導入に至らない企業が多いことも一つの要因である。今後、企業がタブレットを本格導入するためには、タブレット利用による投資対効果を定量化し、見える化することが必要となる」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]