編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Linuxのボットネット「BillGates」による攻撃が激化--アカマイが警告

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-08 10:49

 Akamaiは、Linuxを標的としたマルウェアで構築されたボットネットによる、分散サービス妨害攻撃(DDoS攻撃)が大規模化していると警告を発した。

 同社のセキュリティインテリジェンス調査チームは、発表した脅威アドバイザリで、「BillGates」と名付けられたトロイの木馬によるボットネットを、「高」リスク要因であると分類した。この名前が付けられたのは、このマルウェアの作者が、WindowsではなくLinuxを標的にしているためであるようだ。

 Akamaiによれば、この種のボットネットによる最大の攻撃は、2015年末に起こった。

 アドバイザリには「BillGatesボットネットからの攻撃トラフィックや、その他のさまざまな攻撃ベクトルを含め、これまでに観測された最大の攻撃キャンペーンは2015年12月30日に起こったものであり、分散的に発生したトラフィックの帯域のピークは、当社のスクラビング(洗浄)センター全体で約308Gbpsだった」とあり、攻撃の威力は高まりつつあるという。それが、このマルウェアのリスク要因が「高」に分類された理由だ。

 アドバイザリによれば、このボットネットはかなり大きくなっており、100Gbpsを超える「攻撃トラフィック」を発生させられる規模になっている。また、ほかのDDoS攻撃の仕組みと組み合わせて使用されている。

 Akamaiによれば、これらのボットネットが拡大したのは、XORボットネットの閉鎖後であり、「マルウェア攻撃者は、同じ標的のグループに対する激しい攻撃を継続するために、異なる手段や異なるボットネットを使い始めている」という。

 アドバイザリでは、「Akamaiによる過去6カ月間の観測でこのような活動の認識が得られたことにより、このアドバイザリを公開した」と述べられている。

 同社は、これらのボットネットはICMPフラッド、TCPフラッド、UDPフラッド、SYNフラッド、HTTPフラッド、DNSリフレクションなどを含むさまざまな攻撃ベクトルを使用し、アジア地域で発生したXORボットネットに似た手法で、標的に対し攻撃を仕掛けていると警告している。

 システムがマルウェアに感染すると、DDoS攻撃や、ポートやサービスを開くことを含むさまざまな攻撃機能が実行可能になり、感染したシステムが完全に乗っ取られ、さらなる攻撃の起点として使用される可能性もある。


提供:iStock

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]