編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

MS、デスクトップアプリをUWPアプリに変換するツールを公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-11 10:49

 先々週の「Build」開発者カンファレンスで、MicrosoftはWin32アプリや.NETアプリを統合された「Windows Store」で提供できるようにするツール「Centennial」に言及した。先週、Microsoftは同ツールの開発者への提供を開始した。


 米国時間4月7日、Microsoftはデスクトップアプリを「Universal Windows Platform」(UWP)に移行させる「Desktop App Converter」(Project Centennial)をダウンロード公開した。このツールは、MSIやexeといったデスクトップ版「Windows」のインストーラをappxパッケージに変換して、「Windows 10」PCにデプロイできるようにする(注:現時点で、CentennialはPC向けアプリのみが対象となっており、「Windows Phone」や「Xbox One」、「Surface Hub」向けのアプリを変換することはできない)。

 MicrosoftはBuildの会場で、参加した開発者によって作成された既存のレガシーアプリを変換し、新しいツール群が機能することを実証した。Buildに参加した複数の開発者の話によると、Centennialは効果的に機能したという(注:Centennialは予定されている「Windows 10 Anniversary Update」での使用を想定しているが、「Windows Insider」向けテストビルド14316以降の「Windows 10 Enterprise」でも使用可能だ)。

 Microsoft関係者によると、現在、1600万の「クラシック」なWin32アプと.NETアプリ、および「Windows Presentation Foundation」(WPF)アプリが存在するという。Microsoftはこれまで、開発者がこれらのアプリをWindows Storeで販売したり、ダウンロード公開したりすることを認めていなかった。しかし、2015年、同社はCentennialという開発コード名のブリッジを提供して、開発者がそれらのアプリをWindows Storeに掲載できるようにすると述べた。

 Centennialの技術文書には、以下の文言が含まれている。「アプリのすべての機能をそのアプリのfull-trustパーティションからアプリコンテナパーティションに移動したら、そのアプリはあらゆるWindows 10端末で動作するようになる」

 The RegisterでTim Anderson記者が指摘するように、レガシーアプリをStoreで動作させるためにMicrosoftがやらなければならないことについては、潜在的な懸念がいくつかある。Anderson氏がBuildでのMicrosoftの話として伝えたところによると、変換したアプリはサンドボックス化されない。それをするとレガシーアプリが動作しなくなるからだという。Microsoftは開発者に大きな信頼を置いているとのことだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]