グーグル、公式IDE「Android Studio 2.0」を公開

ZDNET Japan Staff

2016-04-11 10:48

 Googleが「Android」アプリ統合開発環境(IDE)の最新版「Android Studio 2.0」を公開した。開発効率の改善に主眼を置いており、「Instant Run」などの新機能が加わっている。

 Android StudioはAndroidデバイスで動くアプリを構築できる統合開発環境。スマートフォンやタブレットのほか、ウェアラブルの「Android Wear」、車載「Android Auto」、TVの「Android TV」もサポートする。OSはWindows、Mac OS X、Linuxに対応する。

 Android Studio 2.0の新機能Instant Runは、コード作成、ビルド、テストのサイクルを高速化するもので、 Instant Runボタンを押すと変更箇所を分析して、最も高速に実装できる方法を決定してくれるという。可能な場合は動いているアプリプロセスの中にコードの変更を挿入し、APKの再デプロイと再インストールが不要という。

 エミュレータ「Android Emulator」も新しくなり、前バージョン比でCPU、RAM、I/Oの速度は3倍高速になった。「Android Debug Bridge」(ADB)のプッシュ速度は10倍高速化し、実際のデバイスを利用するよりもAndroid Emulatorを利用する方が高速という。速度以外にも、ユーザーインターフェイスとセンサ制御を強化し、APKのドラッグ&ドロップでのインストール、ウィンドウの調整、ピンチとズームなどのマルチタッチアクションによる操作が可能になった。

 さまざまなデバイスおよびデバイス設定で大規模にアプリをテストできる新サービス「Cloud Test Lab」も導入した。Android Emulatorなどで初期テストを行った後、さまざまなデバイスに対してテストを行うのに適しているという。Googleのデータセンターでホスティングしている物理デバイスでテストを実行できる。テストを作成していない場合でも、Cloud Test Labでベーシックなテストを実行して、アプリがクラッシュしないかどうかを確認することができるという。

 このほか、OpenGL ESを利用するゲーム向けのGPUデバッガもプレビューとして加わっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]