海外コメンタリー

新生マイクロソフトがAzureとクラウドを戦略の中心とする3つの理由

Keith Townsend (TechRepublic) 翻訳校正: 藤本京子 2016年04月19日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの前最高経営責任者(CEO)、Steve Ballmer氏は、よく「Develoer(開発者)」という言葉を叫んでいたものだが、同氏は開発者がMicrosoftのクラウドの未来にどれほど重要かちゃんと理解していただろうか。Ballmer氏といえば、クラウドの重要性に気づくのが遅れたとされる人物だ。しかし生まれ変わったMicrosoftは、すべてクラウドを中心として動いているといわれている。

 アナリストは投資を見極める際、人事や組織改革の発表、市場フォーカスなどによって企業の戦略的分野を判断しようとするが、技術者の私は実際の技術を詳しく見ようと考える。Microsoftが手がけるさまざまな技術の中から、ここでは3つの分野について、クラウドの世界と従来の「Windows」を中心とした世界に対する同社の取り組みを語ろうと思う。皮肉なことに、これらの分野は開発者をクラウドサービスである「Microsoft Azure」に引き込ませようとするものだ。

1. コンテナ技術

 「Hyper-V」コンテナ、「Nano Server」、「Docker」など、Microsoftのコンテナ戦略は幅広い。過去数カ月にさまざまなベンダーやデータセンター管理者からコンテナについて話を聞いたが、本番環境でコンテナを稼働させているユーザーはほんの数社にすぎない。コンテナの採用は今後本格化することが見込まれるが、今重要なのは開発者に興味を持ってもらうことだ。

 コンテナは、開発プロセスにおいて非常に役立つツールであることがわかっている。仮想マシンよりも軽くて速いため、開発者がデバイス上で複雑なマイクロサービスアプリを開発する際、ノートPC並のパワーを駆使することができるのだ。MicrosoftはWindows 10にHyper-Vコンテナ機能を取り入れ、Dockerとパートナーシップを組むことで、開発者が慣れ親しんだ現在のコンテナ環境に近づけようとしている。長期的には、Azureへの入り口となるようにしたい考えだ。

2. WindowsへのBash搭載

 慣れ親しんだ開発環境といえば、MicrosoftのLinuxに対する考えは180度完全に変わった。Azureアプリストアを見てみると、事前構築済みのLinuxテンプレートやPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)が数多く並んでおり、Microsoftが単にLinuxベースのPaaS製品を再販する以上の分野に踏み込んでいることがわかる。開発者はクラウドサービスを活用するにあたり、Linuxベースの開発環境が便利だと感じているのだ。.NET開発者がこうしたクラウドサービスを利用するにあたって指導書やアドバイスを検索すると、その多くはLinux向けに書かれているのである。

 Microsoftによると、同社が完全なLinuxサブシステムを構築し、Windows 10上で「Ubuntu」を稼働できるようにした主な理由はそこにあるという。新しいサブシステムにより、Ubuntuの「Bash」がWindows上でネイティブサポートされるほか、VIやPerlコンパイラなどのLinux実行ファイルもWindowsで走らせることが可能となる。

3. PowerShell

 PowerShellは新たなイノベーションではないものの、Microsoftのクラウド戦略にとって重要なコンポーネントとなるものだ。クラウドユーザーの多くはPowerShellなどのツールにこだわることなくAzureとAWSの両サービスを利用しているが、Windows 2016にとってPowerShellは重要なコンポーネントなのだ。クラウドインフラを管理するにあたり、DevOpsツールは必須なのである。

 ウェブスケールのように大規模での展開となると、数十万ものサーバーを管理するにあたり開発者やオペレーターはパワフルな言語が必要となる。AWSにおいては、AWS APIが他サービスとの大きな差別化要素のひとつとなっている。

 Windowsは、コマンドラインによる管理があまり得意ではない。その解決策となり得るのが、オブジェクト指向のPowerShell言語だ。Windows Server 2016のNano Serverは、入出力デバイスが接続されない「Windows Server」で、管理するにはPowerShellが必要となる。PowerShellによりMicrosoftは、ウェブスケールアプリケーションにおけるLinuxとの差を縮小できるはずだ。

すべての道はAzureに通ず

 こうしたインフラに対するMicrosoftの最近の戦略は、すべてAzureに導くためのものである。Microsoftは、インフラを利用するにあたりひとつの方法しか用意していないわけではなく、開発者の希望を取り入れている。Microsoftが今後も.NET戦略をサポートし前面に押し出してくることは間違いないと思われるが、Windowsオンリーの戦略はすでに過去のものなのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]