編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Box、「Box Zones」発表--AWSやIBMと連携、欧州やアジア地域内でデータ保存可能に

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-13 12:46

 Boxは米国時間4月12日、欧州やアジアの地域内にデータを保存できるサービス「Box Zones」を発表した。Amazon Web Services(AWS)やIBMとの連携により実現する。

 Box Zonesは、各地域のデータストレージに関する基準に対応し、顧客がコンテンツをまとめて、まずはドイツ、アイルランド、シンガポール、東京の各地域に保存できるようにするものだ。

 さらにBoxは、Box Zonesで顧客ベースを世界的に拡大できるようになる。Boxの製品担当シニアバイスプレジデントChris Yeh氏は、同社がさらなる世界展開を図るためのより大規模なシステム構築の一環であると述べた。「当社は米国外で運営する顧客を以前より擁していたが、そうした顧客は米国内のデータセンターにデータを保存していた」と述べた。「Box Zonesの柔軟性を高めるため、この1年ほど取り組んできた」(Yeh氏)

 Box Zonesは、「Box KeySafe」や「Box Governance」と合わせて、エンタープライズが複数の手段でサービスを導入できるようにする。つまりBoxは、同社がストレージの企業ではなく、コラボレーションを強化するエンタープライズ向け機能を備えたコンテンツプラットフォームであるということを強く示している。

 Boxによると、およそ5万7000社が同社のサービスを利用しているが、その多くが多国籍企業で、各地のデータに関する法を順守する必要があるという。

 Boxはこれまでに「Office 365」やSalesforceのサービスと連携しており、Box Zonesもこれをサポートする。またBox Zonesは、「Amazon Simple Storage Service(S3)」サービスで5月に利用できるようになり、2016年中にIBMのクラウドにも展開される。

 Box Zonesは今後もさらなるクラウドプロバイダーと連携する予定としている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]