編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ヴイエムウェア、第1四半期決算を発表--売上高は前年同期比5%増

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-20 11:03

 VMwareは米国時間4月19日、2016年第1四半期決算(3月31日締め)を発表した。アナリストの予想をわずかに上回った。

 純利益は1億6100万ドル、1株あたりの利益は38セントだった。非GAAPベースでは1株あたりの利益は86セントで、売上高は前年同期比5%増の15億9000万ドルだった。なお、アナリストの予想は1株あたり84セント、売上高は15億8000万ドルだった。

 VMwareはまた、2016年に12億ドル分のクラスA普通株を買い戻す計画を発表した。

 最高財務責任者(CFO)のZane Rowe氏は「第1四半期の計画に従って実行したチームの能力に誇りを持っている」とコメントした。「われわれは今年、12億ドル分の株式買い戻し計画している。これは自社の事業への自信を示すもので、株主への還元を含め資本の再分配戦略を強化するものだ」(Rowe氏)

 Rowe氏は1月、前任のJonathan Chadwick氏よりCFO職を引き継いだ。さらに最高執行責任者(COO)を務めていたCarl Eschenbach氏も再編計画の最中に退任を発表した。VMwareは成長分野に投資するために800人規模のリストラおよび再配置を行うことも明らかにしている。

 もちろんこれらはすべて、EMCとDellの合併が引き金となっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]