編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

クラウドでデータ保護するDruvaが日本法人設立:NTTファイナンスも出資

山田竜司 (編集部)

2016-04-25 10:25

 米Druvaは4月22日、日本法人としてDruva合同会社を設立、「クラウド型統合データ保護サービス」を日本市場で本格展開すると発表した。

 クライアント端末向けデータ保護SaaS「inSync」とサーバ向けにバックアップとアーカイブの機能を提供するSaaS「Phoenix」を提供する。inSyncは、モバイルを含むクライアント端末の情報をクラウドに集約し、統合的なデータ保護を提供する。

 Phoenixではバックアップだけではなく、情報漏えい対策(DLP)や、外部とのファイル共有、コンプライアンス機能、災害復旧(DR)対策機能を持つ点が特長である。inSyncとPhoenixはAmazon Web ServicesとMicrosoft Azureで稼働している。

 Druvaは2015年から、ネットワンシステムズやNTTネオメイトとパートナーシップを組み、日本語版の提供を開始していた。

 また、NTTファイナンスから投資があったことを明らかにした。NTTファイナンスは、競合他社と比較して、クライアント端末やサーバ、クラウドアプリケーション内のデータのバックアップと復元、情報漏えい対策、コンプライアンスの自動化を統合するなど、Druvaのサービスはトップレベルであることを評価したという。

 Druvaは今後、日本独自のデータ保護への要件に合わせてDruvaの製品やサービスを展開。リセラーパートナーや顧客へのサポートとトレーニングを提供する。

 また、日本法人の設立にあたり、既存のパートナー2社に加えて、新たにネットワンパートナーズをディストリビューターとして認定し、エーピーコミュニケーションズ、CLCP、サーバーワークス、ソネット ビジネス アソシエイツとパートナーシップを締結している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]