日本でのvCloud Airサービスを終了、今後はパートナーから提供--ヴイエムウェア

怒賀新也 (編集部)

2016-04-22 19:27

 米VMwareは4月22日、パブリッククラウド「vCloud Air」の日本ロケーションでの提供を2017年3月31日で終了すると発表した。サービス利用企業に、期間中における他のクラウドへの移行を勧めている。今後は、「vCloud Air Networkサービスプロバイダー」を通じてのみ、日本でVMware技術ベースのクラウドサービスを提供する。

 米VMwareの見解は次の通り。

 「クラウド戦略の一環として、VMwareはvCloud Airへのフォーカスを狭めており、2017年3月を過ぎてからは日本で直接クラウドサービスを提供しない。だが、顧客はvCloud Air Network partnersのサービスから移行先を選択できる。VMwareは今後も、顧客の要求に沿って複雑なマルチクラウド、マルチデバイス環境を管理できるよう支援していき、地理的または市場の要件に応じてどのように市場ニーズを満たしていくべきかを評価していく」

 サービス停止の理由について「日本市場の特殊性を鑑みて」としており、これについては、日本市場は他市場に比べ、vCloud Air Network partners経由のサービス提供が多いことが挙げられる。直接提供するのではなく、パートナー経由での提供に専念した方が合理的との判断があったようだ。

 これに伴い、vCloud Airの新規受注は4月28日で終了するが、利用中のvCloud Airリソースへのアドオンはそれ以降も発注できる。

 仮想デスクトップなどのサービスである「Horizon Air」は影響を受けないとしており、今後も日本におけるサービス投資と技術開発を続ける。

 新たな移行先として、VMwareはソフトバンクと国内134のvCloud Air Networkパートナーの中から選ぶことを推奨するとしている。

 同社は1月、最高経営責任者(CEO)のPat Gelsinger氏がvCloud Airのサービス内容について、地理的条件や固有の市場特性に応じて見直すとの考えを示していた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]