編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

AMD、中国のサーバ向けチップ市場を開拓へ--現地企業と合弁

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2016-04-25 11:04

 Advanced Micro Devices(AMD)は、中国のサーバ市場と、現地IT企業との合弁事業が、今後数年にわたって成長をもたらしてくれると期待している。

 複数の市場で幾度も再建策を迫られ、困難な状況に直面してきたAMDは、事前の予想を上回る2016会計年度第1四半期(3月26日締め)決算を発表した。

 ただし、売上高は8億3200万ドルで、純損失1億900万ドル(1株あたり14セント)を計上した。非GAAPベースでは、1株あたり12セントの損失だ。前年同期の売上高が10億3000万ドルだったことは言っておくべきだろう。

 AMDの最高経営責任者(CEO)を務めるLisa Su氏によると、同社は勢いを増しており、グラフィックスおよびコンピューティングチップでシェア確保を目指しているという。PC市場における激しい競争は興味深いが、真に注目すべきは、THATIC(Tianjin Haiguang Advanced Technology Investment:天津海光先進技術投資有限公司)との合弁会社設立と、その合弁会社に対する高性能プロセッサとシステムオンチップ(SoC)関連のライセンス供与だ。

 THATICとの契約は2億9300万ドル規模で、支払いは複数年にわたる。AMDとTHATICは中国のサーバ市場向けにSoCを開発する。THATICとの合弁事業にグラフィックスプロセッサは含まれない。

 Su氏は次のように述べている。「われわれは、AMDのデータセンターサービスに対する顧客の強い関心が新たなデザインウィン(製品への採用)につながり、2017年以降、収益性の高い売上増加をもたらすことができると期待している」

 さらに、AMDとTHATICの合弁事業ではサーバ市場向けx86チップも製造する。これは独占契約ではなく、AMDは同様の契約を複数計画している。AMDは、同社のx86チップ(開発コード名「Zen」)をサーバ向けに提供できるとみている。

 AMDは中国のサーバ市場でシェアを獲得できる技術を保有しているが、現地のパートナーが必要だったというのがSu氏の考えだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]