編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
日本株展望

5月の日経平均は下がることが多いか - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2016-04-26 10:52

4~5月に警戒しなければならないこと

 Sell in Mayが話題になっていないからといって油断はできない。今年の5月が下落になる可能性もある。これから5月にかけて、注意してみておく必要があるのは以下の5点だ。

(1)日本企業の3月決算の発表

 前期(2016年3月期)実績も、今期(2017年3月期)業績予想も、さえないものとなりそうだ。

(2)中国景気と原油価格

 1~3月に想定外に持ち直した中国景気だが、今後息切れしないか、注意してみている必要がある。米国・中国での原油需要の増加を織り込んで原油価格が上昇し、世界的にリスクオンが復活しつつあるが、中国景気が再び軟化すれば、原油価格が下がり、世界的なリスク・オン・ムードに水を差す。

(3)米利上げ見通しとドル円為替レートの動き

 6月のFOMC(米金融政策決定会合)で利上げ実施の見通しが広がれば、為替は円安基調で推移すると思われる。ただし、米景気が軟化し、利上げの見通しが広がらないと、円高が進むリスクもある。

(4)消費税引き上げ延期の議論

 2017年4月に予定されている消費税引き上げ(8%→10%)を、再度延期するか否か、早い時期に何らかの結論が出されるものと思われる。

(5)米大統領選でのトランプ人気の行方

 反グローバル、反資本主義の過激発言を繰り返す共和党の候補者Donald Trump氏の人気が一段と高まると、世界の株式市場にとってマイナスとなる。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]