編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

EMC、ニフティとクラウドサービスプロバイダーのパートナー契約

NO BUDGET

2016-04-27 17:40

 EMCジャパンは4月25日、ニフティと、「EMCビジネス パートナー プログラム for Cloud Service Provider(CSPプログラム、旧称:Velocityサービス プロバイダー パートナー プログラム)」の契約を締結したと発表した。

 EMCジャパンのCSPプログラムは、システムインテグレーター、通信事業者、クラウドサービス事業者など、あらゆるタイプのクラウドサービスプロバイダーに対して、EMCが持つテクノロジ、マーケティング、営業リソースなどを提供し、ビジネス開発からサービス構築、営業活動まで、さまざまな形で支援するパートナープログラム。2012年より展開しており、今回のニフティは10社目のパートナー。

 今回のパートナー契約により、両社は、EMCのストレージ技術を採用したニフティのクラウドサービスにおける技術開発、マーケティング、営業活動などで協業する。

 具体的に推進していく内容は以下の2点。

  • EMCジャパンのストレージ技術を採用したクラウドサービスの提供
  • 両社の新規の顧客に対してニフティクラウドの営業活動およびマーケティング活動の実施

 ニフティは今後、CSPプログラム契約締結により可能となる、両社の資産を生かしたサービス開発、マーケティング活動によって、より幅広い市場の需要に応えていくとしている。

 一方、EMCは技術面でニフティのクラウドサービスを支えるだけでなく、市場へのアプローチの取り組みも共同で実施していくとのこと。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]