編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

「OpenStackエコシステム以外との連携こそ要」:OpenStack Summit2日目 - (page 2)

松下康之

2016-04-28 12:46

 次のゲストはGoogleのアーキテクトと新興の大規模LinuxディストリビューションベンダーであるCoreOSの最高経営責任者(CEO)だ。CoreOSのCEOであるAlex Polvi氏はオースチンで開かれた第1回目のOpenStack Summitの参加者75人の内の1人で、早くからOpenStackを支援していたという。まずはGoogleのアーキテクトが社内の分散クラウドインフラを構築した経験を紹介し、それと同じような構造のインフラをコンテナ上に配置したOpenStackで動かすというデモを実施した。

 これは #GIFEE(Google’s Infrastructure For Everyone Else)とCoreOSが呼ぶ、Googleのインフラをコンテナ管理技術「Kubernetes」を利用して再現するもので、OpenStackに必要な複数のプロセスを格納したPodを停止しても自動的に立ち上がるセルフヒーリング機能をみせるためのデモであった。

 OpenStackそのものはPythonで書かれたアプリであり、それはKubernetes側から見れば1つのプロセスとして認識することにより、稼働や停止などをTectronicのコンソールから行うというものだ。より詳しいデモはCoreOSが開発しているTectonicのページでみて欲しい。実際に行ったデモがそのまま再現されている。このデモではOpenStackのコンソールであるHorizonがV2からV3に瞬時に入れ替わることでアップグレードも容易になることを示した。


Googleのインフラをコンテナー上で模倣するデモ

 Mark Collier氏の意図とすれば、OpenStackのアップグレードが難しいという問題に対する1つの回答をコンテナーとKubernetesを使った全く新しい発想を利用することで可能性を示したということだろう。

 次に登壇したゲストはシスコのLew Tucker氏だ。シスコのクラウド事業の最高技術責任者(CTO)として事業を推進するTucker氏だが、ここでもOpenStackだけではなくOPNFVやCloud Foundry、FD.ioといった外部の組織、製品とのコラボレーションが重要であるというテーマを強調する内容になった。


OpenStackとその他のイニシアティブとの連携

 次にインテルのコントリビュータが登壇しOenStackClientと呼ばれるコマンドラインインターフェースを統合したクライアントを紹介し、OpenStackのユーザーエクスペリエンスを改善するプロジェクトを紹介した。その後、台湾で行われたOpenStack Application Hackathonを紹介。そのハッカソンで優勝したチームが登壇し、ギターを弾く際の腕の筋肉の動きをセンサで計測し、そのデータを可視化するというデモを実施した。


台湾のハッカソンチームのデモ

 ここで登壇したのはinwinSTACKという台湾のベンチャーで、前回の東京サミットでOpenStack FoundationのGoldメンバーになった企業だ。今回は台湾だけではなく中国からの参加者やブース展示が多数あり、台湾、中国においてもOpenStackが大きなモメンタムになっていることを感じさせるデモであった。

 次に地元であるテキサス大のテキサスアドバンスドコンピューティングセンターのHPC事例を紹介され、インテルのオープンソーステクノロジーセンターのGMのプレゼンテーション、OVHの紹介などが続いた。

 9時に始まり、11時近くまで約2時間のキーノートだったが、次々と登壇するゲスト、さらに短い動画やデモなどを交えたメリハリのある構成によって飽きさせない辺りにOpenStack Foundationの経験を見た気がする。

 全体を通して通底していたのはOpenStackだけではなくさまざまなソフトウェアとの連携が必要だというメッセージだ。コアのプロジェクトからビッグテントに枠を拡げることで機能を拡充し、IoTにおいてのインフラとしても実績を紹介し、台湾や中国からコミュニティへの参加を見せつけることで、OpenStackがより大きな流れになっていることを実感させるキーノートであった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]