編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
HPE Discover

HPEがコンポーザブルアーキテクチャで先駆けた「Synergy」 - (page 2)

末岡洋子

2016-05-02 07:30

 HPEが「このレベルでコンポーザブルを実現したのは初」というSynergyは、3つのピラーにより構成される。サーバ、ストレージ、ネットワークを考慮することのない流動性のあるリソースプール(1)があり、ワークロードが必要とするコンピュートやストレージなどを定義したテンプレートが構成する“インテリジェンス”(2)がこれをラッピングする。

 これにより、インフラそのものがアプリケーションをサポートするリソースを見つけてコンポーズする。インテリジェンス部分がファームウェアやドライバの更新といったインフラのライフサイクル管理を行うため、面倒な管理作業も削減できるという。

 リソースプール(1)とインテリジェンス(2)へのアクセスは、Unified API(3)を利用する。これにより、コードを書く感覚でインフラの設定が可能になるという。

HPEが定義するコンポーザブルインフラとは可変的なリソースプール、ソフトウェア定義による管理、ユニファイドAPIの3つのピラーを持つ
HPEが定義するコンポーザブルインフラとは可変的なリソースプール、ソフトウェア定義による管理、ユニファイドAPIの3つのピラーを持つ

 メリットは数知れない。静的なインフラではオーバープロビジョニングなどリソースの無駄があったが、コンポーザブルではリソースを効率よく利用できる。

 管理面では、サーバ、ストレージ、ネットワークとばらばらに管理ツールがある状態から、インテリジェンスによりこれらのリソースを一元的に管理できる。実装は高速になり、Unified APIにより「Microsoft System Center」「vCenter」など他社の技術やHPEの「Operations Orchestration」などの管理技術やOpenStack、Docker、Chef、Ainsibleなどのオープンソース技術も統合できる。

 「これまでのインフラ管理もクラウドネイティブの新しい開発でも、同じインフラやAPIを利用できる」とMacDonald氏。ITスタッフは管理作業から解放されるため、よりクリエイティブで、価値を生み出す業務に時間を割けるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]