編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

資生堂、BoxにクラウドID管理サービスを組み合わせたファイル共有環境を整備

NO BUDGET

2016-06-29 18:00

 資生堂は、ファイル共有クラウドサービス「Box」を中心とし、クラウド型シングルサインオンサービス「Centrify Identity Service」で社内システムと連携させたファイル共有環境を整備している。4月から国内1万人が利用しており、今後はファイル共有環境をグローバルレベルでも活用していく。環境整備を支援した伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が4月下旬に公表していた。

 資生堂では、2015年から2020年度の中長期経営戦略「VISION 2020」において、重点項目として構造改革を掲げており、グローバルレベルで社内外の相互連携を支えるIT基盤を強化している。本社の企画、マーケティング部門と販売子会社との統合に伴い、プロジェクト関係者間で効率的に情報を共有できる。組織の変更にも迅速に権限の対応ができるファイル共有サービスを、将来的なグローバルでの活用も含めて検討していたとのこと。

 CTCでは資生堂に対し、Boxに加えてCentrifyを提供。導入に際しては設計やデータ移行支援、管理者へのトレーニング、ユーザー向けヘルプデスクや運用支援サービスを提供している。

 Boxはクラウド型ファイル共有サービスとして、ファイル単位でのアクセス権限設定やバージョン管理などIT部門が重視する機能を備え、データ容量は無制限、22地域の言語にも対応し、主要な国際的のセキュリティ標準にも対応している点を評価した。

 またCentrifyは、ユーザーアイデンティティの管理とサイバー攻撃の脅威からユーザーアイデンティティを保護し、エンタープライズセキュリティを強化する。Centrifyでは統合ソフトウェアとクラウドサービスのプラットフォームを活用し、特権ユーザーとエンドユーザーに対して、クラウド、モバイル、データセンターというハイブリッドIT環境において、アイデンティティの保護と統合を独自に実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]