編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「機械の声を聞く」:日本キャタピラー、IoT活用システム--データで業務改善

日川佳三

2016-04-29 08:00

 建設機械を販売している日本キャタピラーは4月27日、建設機械に取り付けたセンサからデータを収集し、業務改善に活用するためのトータルシステム「Cat Connect Solutions」の提供を開始した。機械管理、生産管理、施工管理、安全管理の4つの機能で構成する。従来もセンサデータをクラウドで収集していたが、今回はデータの活用を強化した。

 日本キャタピラーは、米Caterpillarにおける国内ディーラーの1社で、北海道と本州をカバーする。全世界で300万台(国内14万台)ある油圧ショベルやブルドーザーなどの建設機械のうち40万台(国内3万台)にセンサが付いており、稼働状況などをクラウドサービスの「VisionLink」で集めて活用している。

日本キャタピラー 会長兼CEO 矢口教氏
日本キャタピラー 会長兼CEO 矢口教氏

 今回、センサデータの活用を強化した新しいトータルシステムとして、Cat Connectの提供を開始した。全世界で175社あるディーラーのうち100社を超えるディーラーがCat Connectを導入済みという。

 日本キャタピラー会長兼最高経営責任者(CEO)の矢口教氏は、センサデータを業務改善提案などに活用することを「機械の声を聞く」と表現する。主な機能は以下の通り(図1)。

(1)機械管理では、故障の兆候を把握し、改善のアドバイスを提供する。稼動状況や修理歴など各種のデータを総合的に判断する

(2)生産管理では、燃料消費量や稼動時間なども管理し、現場の効率を改善するべく、業務にあった機種の選定などを行う。

(3)施工管理では、勘や経験に頼る従来型の施工から脱却し、ITを駆使した施工を実現する。国土交通省が4月に発表したIT活用の取り組み「i-Construction」に則った形の施工ができるとしている

(4)安全管理では、機械や現場の安全性もITを使って見える化する

図1:Cat Connect Solutionsでは機械管理、生産管理、施工管理、安全管理の4つの機能を提供する
図1:Cat Connect Solutionsでは機械管理、生産管理、施工管理、安全管理の4つの機能を提供する
センサを付けられるCaterpillar製品。データをクラウドで収集して業務改善に活用できる
センサを付けられるCaterpillar製品。データをクラウドで収集して業務改善に活用できる

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]