編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

アップル「CareKit」、対応アプリ第1弾がリリース--糖尿病、うつ、妊娠、新生児に対処

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2016-05-02 07:56

 Appleの「CareKit」に対応したアプリの第1弾が米国時間4月28日にリリースされた。すべて、ユーザーによる健康管理を支援することを目的としている。

 今回リリースされた4つの無料アプリの中には、糖尿病患者が自分の病状を管理するためのInformed Data Systemsの「OneDrop」と、抗うつ薬を服用する患者が投薬の効果を把握するためのIodineの「Start」がある。また、Glowによる2つのアプリもCareKitモジュールに含まれている。 妊娠状態を記録する「Glow Nurture」と新生児の1年間の成長を記録する「Glow Baby」だ。

 3月に発表されたCareKitは、ユーザーが健康状態を監視するだけでなく積極的に管理するためのアプリを開発者が構築できるようにするための新しいツールキットだ。患者が自分の健康状態の変化をより詳しく理解し、その情報を医師に共有できるようにすることを目的としている。

 Glowは4月28日付けのブログ記事で、アプリの新機能をユーザーに向けて説明した。他者に共有しなければならないほど健康状態の変化が著しい場合は、新しいスマート通知機能によってそれが示されるという。例えば、Glow Babyで発熱が検出された場合、親に対してCare Teamページが表示され、そこで医師に通知することができる。

 CareKitアプリは、まず米国で提供される。世界のその他の地域での提供に関する詳しい情報は、追って発表される予定だ。

 CareKitとの連携を望む健康関連アプリの開発者に対し、CareKitはGitHubでオープンソースフレームワークとして提供されている。


提供:Glow

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]