編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
日本株展望

休暇中の海外市場の動き--米景気は強いか弱いか

ZDNet Japan Staff

2016-05-06 11:09

 ゴールデンウイークの谷間となった5月2日の日経平均は、円高進行を嫌気して518円安の1万6147円となった。ゴールデンウイーク中の海外市場の動きと、米景気の現状についての考え方を楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏が紹介する。

為替の動き

 現在の日本株の動きに最も大きい影響を及ぼしているのは、為替だ。

ドル円為替レート推移:1月1日~5月5日(日本時間19時)

ドル円為替レート推移:1月1日~5月5日(日本時間19時)

 5月3日に一時、1ドル105.50円まで円高が進んだ。ただし、その後、円高進行の速さに対する警戒からドルに買い戻しが入り、1ドル107円台の前半まで円安に戻っている。5月6日の午前6時現在は、1ドル107.26円となっている。先日書いた通り、円高急伸の背景は、以下の3点だ。

  1. 4月28日に日銀が追加緩和を見送ったこと
  2. 米国の利上げ見通しが低下したこと
  3. 米国が日本を為替操作(円安誘導)国に指定し、監視するとしたこと

 それでは、休暇中に105.50円まで円高を試してから、いったん107円台まで円安に戻した理由は何だろうか? 短期筋の注目点は以下の2点だろう。

(1)日銀による(円売り・ドル買い)為替介入への警戒

 短期筋は「(米国からの政治的圧力介入によって)介入はできない」と踏んで、円買いを進めてきた。万一、介入があると一時的に大きく円安に戻る可能性もあるので、円急伸後には、いったん(円の)利益確定売りを入れるようにしている。

 米国が賛同しないドル買い介入をやる場合、海外での委託介入(日銀が欧米の中央銀行に為替介入を委託すること)は不可能なので、東京市場でやるしかない。短期筋から見ると、円高は海外市場の方が仕掛けやすくなっている。

 最近、円が高値を取るのはロンドン市場が多くなっている。一方、海外で円高を進むと、東京市場に戻る前に、いったん円買いポジジョンを手仕舞いたいとの心理も働く。

(2)5月6日に重要イベント(4月の米雇用統計発表)を控えていること

 雇用統計が強く、6月利上げの見通しが復活すると、ドル買い(円売り)に動く可能性もあるので、雇用統計の内容を見極めたいとの気持ちもある。

CME日経平均の動き

 為替を見ながら動いている。一時105.50円まで円高が進んだ5月3日には、一時1万5825円まで下がった。その後、107円台まで円安に戻ったが、まだ円高トライが終わったと判断できないことから、日経平均先物は上値が重いままだ。5月5日のCME日経平均先物(6月限)は、1万6045円(5月2日の日経平均終値と比べてマイナス102円)となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]