編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

世界一になったスーパーコンピュータたち--15年にわたる最速争いの歴史 - 4/11

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2016-05-10 06:00

2004年11月~2008年6月: Blue Gene/L
 「IBM Blue Gene/L」は、人間の体内における蛋白質の生成を解明し、病気の新しい治療法を発見するためのスーパーコンピュータとして開発された。Blue Gene/Lは、当時としては極めて強力なスーパーコンピュータであり、2004年11月にベータ段階で早くも世界最速の称号を手に入れた。

 Blue Gene/Lは複数のモデルが建造されたが、最大の性能を誇っていたのは、米国のローレンス・リバモア国立研究所に設置されたモデルである。稼働開始時点で最大性能91.75テラフロップスを叩き出したこのモデルは、幾度かのアップグレードが施され、最終的には21万2992基の「PowerPC 440」(700MHz)プロセッサコアと、74テラバイトのメモリを搭載するに至った。その最大性能は596.378テラフロップス、消費電力は2329KWに達した。OSは「CNK/SLES 9」で、ノード間のインターコネクトは専用開発された。

2004年11月~2008年6月: Blue Gene/L
 「IBM Blue Gene/L」は、人間の体内における蛋白質の生成を解明し、病気の新しい治療法を発見するためのスーパーコンピュータとして開発された。Blue Gene/Lは、当時としては極めて強力なスーパーコンピュータであり、2004年11月にベータ段階で早くも世界最速の称号を手に入れた。

 Blue Gene/Lは複数のモデルが建造されたが、最大の性能を誇っていたのは、米国のローレンス・リバモア国立研究所に設置されたモデルである。稼働開始時点で最大性能91.75テラフロップスを叩き出したこのモデルは、幾度かのアップグレードが施され、最終的には21万2992基の「PowerPC 440」(700MHz)プロセッサコアと、74テラバイトのメモリを搭載するに至った。その最大性能は596.378テラフロップス、消費電力は2329KWに達した。OSは「CNK/SLES 9」で、ノード間のインターコネクトは専用開発された。

提供:IBM

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]