編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

世界一になったスーパーコンピュータたち--15年にわたる最速争いの歴史 - 5/11

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2016-05-10 06:00

2008年6月~2009年11月: Roadrunner
 「PlayStation 3」用プロセッサの発展型を搭載した「Roadrunner」も、米国の核兵器の試験用に開発された、極めて強力なIBM製スーパーコンピュータである。

 当初、Roadrunnerは米国エネルギー省のロスアラモス国立研究所に設置された、冷蔵庫サイズのキャビネット278基で構成されていた。その後、Roadrunnerは2009年にアップグレードされ、最大性能は1375.78テラフロップスから1456.7テラフロップスに強化された。アップグレード後のRoadrunnerは、12万9600基の「PowerXCell 8i」(3.2GHz)プロセッサコアを搭載し、消費電力は2483Kワットに達した。OSは「Red Hat Enterprise Linux」と「Fedora」で、ノード間のインターコネクトは「InfiniBand」である。

2008年6月~2009年11月: Roadrunner
 「PlayStation 3」用プロセッサの発展型を搭載した「Roadrunner」も、米国の核兵器の試験用に開発された、極めて強力なIBM製スーパーコンピュータである。

 当初、Roadrunnerは米国エネルギー省のロスアラモス国立研究所に設置された、冷蔵庫サイズのキャビネット278基で構成されていた。その後、Roadrunnerは2009年にアップグレードされ、最大性能は1375.78テラフロップスから1456.7テラフロップスに強化された。アップグレード後のRoadrunnerは、12万9600基の「PowerXCell 8i」(3.2GHz)プロセッサコアを搭載し、消費電力は2483Kワットに達した。OSは「Red Hat Enterprise Linux」と「Fedora」で、ノード間のインターコネクトは「InfiniBand」である。

提供:Los Alamos National Laboratory

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]