編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
組織で取り組むUI/UX

“教養”がUXを向上させる--アートと顧客体験の関係 - (page 2)

綾塚祐二

2016-05-10 07:00

広く深く見渡すこと

 前述の例のように、何かの課題をITを使ったシステム(に限らず、何らかの仕組み)で解決したい場合にまず考えるべきなのが「UXの視点」である。これは製品や実運用する完成品のシステムに限らず、試作の段階などでも同じである。

 インタラクティブなものを作るときには特に、常にUXを意識するようにしないと、試作の意味合いも薄れてしまう。

 「UXを意識した設計」とはすなわち「ユーザーのことをよく考えて設計する」ということであり、そのためには、広い視野で全体を見渡し、見えない部分も深く考えながら設計することが必要である。

 1つの製品およびサービスの全体を見渡すことはもちろん、組織全体としては、複数の製品やサービスをふまえてUXを意識し見渡す必要がある。第3回で述べたように、見渡してまとめる役割を果たす人、部署ははっきりさせておきたい。

 もちろん、まとめる役割以外の人々も全体を見渡し視点を共有したほうが、開発もスムーズに進むであろうし、完成したときの達成感も増すであろう。組織全体でUXを考慮することで、個々のプロジェクトのメンバーが感じるUXも向上する。

UXを考慮すべきはシステムにとどまらない

 UXを考慮すべきはITシステムに限った話ではないので、上述のようにプロジェクトのメンバーが感じるUXも意識したい。

 また、第4回で何度か触れたが、UI/UXの向上を推進するにあたって、組織内の人々に与えるUXも積極的に考慮したい。UI/UXを扱う部署を作ったときには、そのミッションを明確にしたほうがいいと第2回で述べたが、それはこうした「UI/UXの向上に関わるメタなエクスペリエンス」にも貢献する。

 他にはもちろん、組織外の人との接点となる自社のウェブページや、その他の広報的な部分にもしっかりとUXの視点を持ち込むべきである。

 社内外のユーザーや顧客、情報発信などの対象になる人々、対象となってほしい人々がいるならば、そこにはその人々が受けるUXがあり、それはしっかりと考慮せねばならないのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]