ワークスタイルは変革できるのか

MAMによるスマートデバイスのアプリケーション管理の現在 - (page 4)

小田中俊博

2016-05-13 07:00

 ただし、アプリや開発ベンダー、メーカーの実装内容、開発状況によりACEだけでは完全に補完できるケースは少ない。どのケースを採用するかは、利用する機能によって要件がかわるため、EMMメーカーやACEの内容を確認して、利用する手法を選択するとよいだろう。

 次に、Android for workを利用するケースを紹介する。

 iOSと違い、Androidを採用している端末メーカーはさまざまで、機種によってアプリの動作が異なる場合がある。Googleが提供しているAndroid for Workでは、仕事専用プロフィールを作成し、私用アプリとデータを切り離して、企業が承認したアプリや企業データを設定・使用できる。

図5:業務領域と個人領域の分離
図5:業務領域と個人領域の分離

 Android for workはGoogle Apps for Businessのアドオン機能であり、企業ですでに利用している場合は、無料で利用可能だ。通常、ユーザーはGoogle Playよりアプリを自由にダウンロード可能だが、Android for WorkではGoogle Play for workと呼ばれる企業用のアプリストアを準備しており、使いたいアプリを管理者が承認しないと利用ができない。

図6:Google Play for workでの承認
図6:Google Play for workでの承認

 Google Play for workからダウンロードした承認済みアプリは、企業領域にインストールされ、企業領域と個人領域は完全に隔離されていることから、データが個人の領域に移動することを防ぐことができる。もちろん承認したアプリだけではなく、社内開発したアプリも企業領域にインストールできるため、セキュアにアプリを利用することが可能である。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]