編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

セールスフォース、Lightning UIを「Marketing Cloud」に統合

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-05-11 10:45

 Salesforceは米国時間5月10日、「Marketing Cloud Lightning」のリリースを発表した。

 Marketing Cloud Lightningは、Marketing CloudをLightning Experienceで一新したものとなり、Salesforceのマーケティング、セールス、サービス製品で共通のルック&フィールを提供するものとなる。

 Lightning Experienceは改善したユーザー体験、アナリティクス、パートナーエコシステムなどのLightningコンポーネントを組み合わせたものとなる。

 Lightningは接続したアプリとモノのインターネット(Internet of Things:IoT)のための戦略的ローンチパッドと位置づけられている。なお、SalesforceはIoTのことをInternet of Customersと呼んでいる。開発者にフォーカスしたユーザー体験の要素は「Sales Cloud」「Service Cloud」などの主要製品に組み込まれている。

 Salesforceは2014年10月にカスタマイズのモバイルアプリを構築できるツールキット「Salesforce1 Lightning Framework」を発表しており、それ以来LightningブランドはSalesforceエコシステムの一部となっている。Salesforceは段階的に業界固有のクラウドをLightningデザインで一新してきた。

 Marketing Cloudでは、最新のLightingコンポーネントにより開発者は最新のビジネスアプリを構築、カスタマイズしたり、電子メールの開封率を追跡するなどの主要な電子メール機能を追加したり、顧客の行動を自動的に予測したりすることなどもできるという。

 Lightningに加えて、Salesforceは「Marketing Cloud for Google Customer Match」も発表した。SalesforceはこのところGoogleとの関係を強化しており、その最新の動きとなる。これを利用してマーケティング担当はCRMを活用した広告をGoogle検索、YouTube、Gmailで実装できる。

 

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]